産後太りが止まらない!忙しいママこそ知って欲しい正しいダイエット

ストレッチをする女性 産後ママ

産後太り、イヤですよね~。

痩せなきゃ・・・!と思いつつも、日々の育児に振り回され、自分の体をメンテナンスする時間なんて無いんですよね。

むしろ、家事育児に追われ、食べることがストレス解消!になっていたり、ゆっくり食べる時間が無く、早食い・立ち食い・・・!なんてことも日常茶飯事ですね。

わたしもぽっこりお腹やデカ尻に悩みました~。

運動する時間はないから、食事制限をしよう!と思っても、長続きしませんでした。

育児は体力勝負ですからね。

しかも、安易な食事制限では体脂肪は減らず、筋肉と水分が抜け落ちてしまう!ということを知りました。

筋肉が落ちると基礎対処も落ちてしまい、ますます太りやすくなってしまう!という負のスパイラルに陥ってしまうんです・・・!

毎日忙しくストレスを抱えているママだからこそ、スキマ時間でかつ楽しくダイエットを続ける方法をご紹介します。

ズボラなわたしでも、現在進行形で続いている方法です!

スポンサーリンク

産後太りがやばい!と思ったら

ストレッチをする女性

「ダイエット=食事制限」ではない!

ダイエットとえいば、食事制限!と思っちゃいますよね。

たしかに、育児中のママは家事に育児と毎日忙しいため、運動する時間はとれないですよね。

手軽に痩せるには食事制限!と思っちゃいますが、育児は体力勝負。

食事制限のダイエットは、育児中のママには不向きなんですよね~。

授乳中ならなおさら。

過度な食事制限のダイエットはおすすめできません。

それに、食事の量だけ減らして痩せても、ほぼ確実にリバウンドするんです!

食事の量を減らすと筋肉が落ち、基礎代謝が落ちてしまいます。

そのため、食事制限のダイエットをやめ、元の食事に戻した途端、体重はあっという間に元通り。

むしろ、基礎代謝が落ちているため、ダイエット前よりも太る!という悲しい結果になってしまうんです。

運動するクセをつける

まずは1日10分でもいいので、体を動かすクセをつけてみて。

運動する時間を決めると、より続けやすいですよ。

おすすめは、天候に左右されない室内運動。

まずはストレッチから始めるのがいいですよ。

ストレッチをして体をほぐしておくと、体の可動域が広がり、運動の効果もアップします!

わたしも食事制限をすることよりも、運動を習慣化したら、食欲を自然とおさえられるようになりました。

体を動かすことがストレス解消にもつながっていたようです。

他にも、運動をするといいことがたくさん!

血行が良くなり、肩こりや腰痛、冷え性などのマイナートラブルの軽減も期待できちゃいます。

育児をしていると、どうしても前かがみの態勢が多くなり、肩や首がガチガチに凝るんですよね~。

運動で体のゆがみもリセットしちゃいましょ。

スポンサーリンク

食事の量よりバランスに着目

ダイエットといえば、どうしても食事の量ばかり気にしすぎてしまいますが、バランスのいい食事にするのがいちばん。

授乳中のママも、母乳の質や分泌量をアップするためには、食事のバランスは大事です。

とはいえ、毎食手作りで料理するのは大変ですよね。

特に、子供が小さいうちは、思うように家事ができないこともありますね。

そんなときは、お弁当やお惣菜を頼ってもOKです!

ただし、選び方にコツが。

和食の物を選ぶようにしてみて。

他にも、メインは手作りするけど、副菜はお惣菜を使うなど、工夫してみて。

産後太りが止まらない!焦らず少しずつ始めて

和食

産後は育児ストレスでついつい食べ過ぎてしまったり、毎日育児に振り回され、自分の体のメンテナンスをする時間がなかったり。

痩せたい!と思っても、自分のために使える時間は限られちゃいますよね。

そんな忙しいママだからこそ、焦らずじっくり、ダイエットに取り組んで欲しいと思います。

普段の生活をエクササイズに

車よりも自転車、自転車よりも歩きでお出かけするのをおすすめします!

毎日赤ちゃんといっしょに家の中ばかりにいては、ストレスも溜まってしまいますよね。

子供といっしょに散歩するだけで気分転換になります。

雨の日のお散歩も、意外と楽しいですよ。

あとは、赤ちゃんといっしょにできる運動もあります。

個人的におすすめなのが、ベビーヨガ。

赤ちゃんの預け先がない場合でも、できるヨガです。

赤ちゃんとスキンシップしながら楽しんでみて。

ヨガマットがあれば、よりヨガを楽しめるのでおすすめです。

わたしも、ヨガだけは唯一継続している運動です!

その日の体調や気分にあわせて、ヨガのメニューやポーズを選べるので、ムリなく楽しく続けられるんですよね。

少しずつ、体の柔軟性がアップしてきて、肩こりや腰痛が軽減されました!

体を動かすとダイエットだけではなく、マイナートラブルも軽減されるのがいいんですよね。

最近では、ヨガをしないと落ち着かない!と思うようになってきちゃいました。

間食の内容を見直してみる

育児ストレスで食べるのがやめられない!

食べることだけが楽しみ!という方もいらっしゃいますよね。

急に間食をやめても、ストレスになってしまいますので、まずは間食の内容を見直してみるのもアリです。

たとえば、ミルクチョコレートをカカオたっぷりのチョコレートに変える。

スナック菓子ではなく、プロテインバーやナッツ類にしてみる。

さらに、水分もいっしょにたっぷり摂るようにすると、自然と食べる量も抑えられますよ。

まとめ

ダイエット=食事制限!と思っちゃいますが、過度な食事制限はかえって良くないことも。

基礎代謝が落ち、リバウンドの原因にもなってしまいますので、安易に食事制限のみのダイエットはしない方がいいです。

それに、育児は体力勝負ですからね。

食べないと、家事や育児に支障をきたしてしまったり、イライラしてしまっては本末転倒ですね。

忙しいママだからこそ、できることから変えてみて。

毎日1時間ウォーキングしたり、筋トレするのはムリでも、1日10分ストレッチするのはどうでしょうか?

間食をやめられないのなら、食べる内容を見直してみて。

▼関連記事▼

産後どんどん太る…やばい体重増加でも簡単ケア5つで戻った!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました