プロフィール

  • 名前:こまち
  • 年齢:ギリ30代(ほぼアラフォー)
  • 性別:女性
  • 住んでいる地域:都内の端っこの住宅街
  • 家族構成:旦那さん、子供2人の4人家族

プロフィールの閲覧、ありがとうございます!

5歳差の姉弟の育児に毎日振り回されつつも、子供に癒しやパワーをもらっている毎日です!

わたしのざっくりとしたプロフィールは、

  • 初めての妊娠は暇を持て余して「コレやっとけばよかった!」がいっぱい
  • 案の定、苦労した新生児育児
  • 産後、激変した自分の体のケア
  • 小一の壁にぶつかり、退職した話

です。

このブログでも、主に妊娠~育児での悩みと、どうやって解決したのか?などをメインに書いています。

他にも、時短メイクや美容・ダイエットなども興味がありますが、なかなか続かない…。

キレイなママでいたい!けど、面倒なことは苦手なため、筋トレは挫折。

「楽しく続ける!」がモットーなので、ゆるっとヨガを楽しむのが、わたしにはいちばん合ってました!

運動が苦手でも、ヨガだけは続いていて、家事や育児のストレス解消にもなってます。

妊娠中が暇で仕方なかった

二人目妊娠中

待ちに待った産休!

でも、1週間もすると、飽きてしまって…。

出産の入院準備やベビーグッズの購入、家の中の整理整頓などは、意外とすぐに終わっちゃいました。

わたしの場合、暇な時間はひたすらマンガばかり読んで、寝てばかりいたんです。

特に、初めての妊娠は、お世話しなきゃいけない上の子はいませんからね。

でも、振り返ると「これやっておけばよかった!」と思うことがあります。

  • 産後の書類のチェック
  • 内祝いをざっくり決めておく
  • 運動をして体力をつけておく

産後は想像以上に体が痛くてしんどく、慣れない赤ちゃんのお世話に振り回されます・・・。

そんな中でも、会社や行政への出産の手続き関連とか、親戚へのお礼とか、やらなきゃいけないことが多くて、ホント面倒で大変でした。

他にも、

  • ちょっとしたお小遣い稼ぎ
  • 資格の勉強

など、やっておけばよかったな~、と思います。

苦労した新生児育児

新生児の足

新生児の育児がいちばん大変でした・・・。

寝ない、授乳が痛い・・・だけではなく、

爪切り?げっぷのさせ方?しゃっくりの止め方?などなど、子育てしてみてはじめてわかる、いろんな悩み。

振り返るとあっという間でしたが、人生でいちばん必死な時期でした。

産後の自分の体のケア

ヘアケア用品

産後は、日々赤ちゃんのお世話に追われる日々!

自分の体のメンテナンスなんて、なかなかできません。

ですが、産後は想像以上に体はボロボロ!

髪の毛・爪・肌はパサパサ。

ホント、悲しくなっちゃいます。

そこで、自分なりにケアの方法を見直したり、時短でできるケアに切り替えたりと、悪戦苦闘の日々。

でも、中でもいちばん良かったのが美容院!

そう、人任せです。(笑)

髪のツヤが復活すると、気分も前向きになるし、ヘアケアに関しては美容師さんに相談しまくり!

やっぱりプロに相談するのは心強いですね~。

小一の壁につまずく

コーヒータイム

上の子の産後は産休・育休をしっかり取得し、1歳半で保育園へ入園&仕事へ復帰しました。

時短&フルタイムの両方を経験し、ワーママとしてすごく忙しい日々を送ってました。

忙しすぎて、イライラすることもしばしば。

でも、このときに身に付けた「家事の手抜きテク」は今でも重宝しています。(笑)

わが家の場合、上の子と下の子は5歳差。

そのため、上の子の小学校入学と、下の子の保育園入園の年がいっしょでした。

最初の2~3か月は順調だったのですが、上の子が学童に慣れることができず、とうとう「行きたくない!」となってしまったんです。

いわゆる「小一の壁」です。

ですが当時、保育園もあったので、「退職=保育園も退所」がいちばんネックに。

転職も考えましたが、学童に行かせずに家で上の子の面倒を見るためには、在宅OKか近場じゃないと・・・。

そんな都合のいい職場ある?と悩んでいましたが、在宅ワーカーになる道がある!ということを知り、思い切って個人事業主として起業することに!

そこからは、

  • 退職の手続き
  • ハローワークに通う
  • 保育園の調整
  • 起業の準備

と、めまぐるしい日々でした。

事前に調べて、役所へも何度も電話したおかげで、無事フリーランスが認められ、保育園も継続!

上の子の小学校問題も解決!

今は、自分のペースで在宅ワークができ、家事と育児に余裕を持てるようになりました。

にゃんこ先生
にゃんこ先生

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

最後に、Twitterもやってますので、気軽に絡んでいただけると嬉しいです!

Twitterの方が、育児のお役立ち情報&失敗談をつぶやいてる方が多いかも…!

タイトルとURLをコピーしました