母乳育児が辛い…やめたい!実はママが大変ならいつでも辞めていい!

授乳

母乳育児って、想像以上にママの心と体に負担がかかるんですよね~。

  • 授乳が痛い
  • 授乳中に赤ちゃんに噛まれて傷ができた!
  • 夜間授乳で寝不足に・・・

などなど。

いっそのこと、母乳育児をやめたい!と思ってしまいますよね。

ですが一方で、「母乳はいつまでがんばるべきか?」「赤ちゃんにとって母乳が必要な期間は最低いつまで?」など、気になることもありますよね。

わたしも二児の母で、二人とも完全母乳で育てましたが、卒乳するまで母乳に関する悩みは尽きませんでした・・・。

振り返ると、わたしの場合、完母にこだわり過ぎていたように思います。

わたしの体験談も交えながら、母乳に関する悩めのアレコレを解決する方法をご紹介します!

ですが、どうしても辛い場合は、実はママの気持ちを最優先で、母乳育児を辞めてしまってもいいんです。

スポンサーリンク

授乳が痛い!この痛みはガマン?病院?

授乳クッション

授乳って、想像以上に痛いんですよね!

ただ、傷やしこりがある場合は、痛みの原因は明らかですが、「どうして痛いのか?」「この痛みは放置してもいいの?」と悩む痛みもあるんですよね。

もしかして、見ない部分で炎症が起きているのかも!?

早めに病院に行くべき!?それともガマンすべき!?と、不安に思うこと、あると思います。

主に、授乳の痛みの原因はこちら。

  • 母乳が作られる痛み
  • 母乳の飲み残しがある
  • 授乳の間隔が空いてしまった
  • 赤ちゃんの飲み方が下手っぴちゃん

「母乳が作られる痛み」に関しては、生理現象ですので、気にしなくて大丈夫です!

ですが、しこりや傷がある場合は、早めに対処したいですね。

痛みの原因と、セルフケアの方法をご紹介しています!

さらに、痛みがあるときに「やってはいけない対処法」や「病院に行く目安」もいっしょに解説しています。

▼関連記事▼

授乳で痛いチクチクする!痛みを解消するセルフケア&再発防止テク

授乳で噛まれた!キッズパワーパッドは貼ってもいい?

傷の手当て

生後6か月ぐらいを過ぎると、赤ちゃんの歯が少しずつ生えてきますよね。

「かわいい~」と思って油断していると、なんと授乳中に噛まれてしまうことがあるんですよね~!!!

赤ちゃんは歯が生えてくるとムズムズかゆくて、授乳中でも噛んでしまうことがあるんです・・・。

でも、噛まれたママはめちゃくちゃ痛い!

しかも、傷がある状態で次の授乳もするのは、本当に痛くて痛くてムリ・・・。

もし、赤ちゃんに噛まれて傷ができたとき、絆創膏は貼っていいのか?気になりますよね。

とにかく痛みを軽減して、授乳を続けたいですね。

赤ちゃんに噛まれたときは、絆創膏を貼ってもOKです!

特に、キズパワーパッドは傷に密着して乾燥を防ぐため、治りが早いんです。

さらに、肌に馴染むため、キズパワーパッドを貼ったまま授乳しても、赤ちゃんもさほど嫌がりません!

わたしも噛まれてしまったとき、絆創膏を貼ったら痛みが軽減して、いつも通り授乳することができました。

ですが、授乳中に絆創膏を貼ってもいいのか?衛生面は大丈夫なのか?気になりますよね。

わたしも、当時、小児科のドクターに確認したのですが、

  • 傷口を清潔にする
  • 1日1回はりかえる

などを守れば、絆創膏を貼ってもいいよ!と言われました。

でも、これからも授乳のたべに噛まれてしまったら・・・と思うと、恐怖ですよね・・・。

赤ちゃんの噛み癖を直すコツもご紹介します。

わたしもこの方法で、噛まれなくなりました!

▼関連記事▼

授乳で噛まれた傷にキズパワーパッドがおすすめ!噛み癖を直すコツも

スポンサーリンク

添い乳は太る!?

赤ちゃん

添い乳で赤ちゃんを寝かしつけするのが習慣になってしまうと、赤ちゃんは太ってしまうんでしょうか!?

たしかに、添い乳で寝かしつけをしていると、授乳時間が長くなりがちですので、その分、たくさん母乳も飲んでいるように見えますよね。

ですが、赤ちゃんをよーく観察していると、母乳をしっかり飲んでいるのは最初の10~15分程度。

あとは、おしゃぶりがわりのように、甘えているんですよね。

さらに、母乳は「赤ちゃんが欲しがるだけあげてOK」と言われているように、「母乳のあげすぎ」は気にしなくていいんです。

というのも、母乳は赤ちゃんが消化吸収しやすいよう、85%以上が水分なんです。

そのため、母乳の飲み過ぎが原因で太る!というのは、考えにくいんです。

基本的に、成長曲線の中に、ギリギリでもいいので体重がおさまっているなら、気にし過ぎなくても大丈夫です。

ですがもし、「太り過ぎ」が気になるなら、母乳以外に原因があることがほとんど。

離乳食やおやつの与えすぎ
粉ミルクやフォローアップミルクの与えすぎ

とはいえ、長時間の添い乳での授乳は、腰が痛くなることもあるので、早めに寝て欲しい!と思うこともありますよね。

添い乳をしつつも、ねんねトレーニングする方法もご紹介しています。

今夜からすぐに試すことができる簡単な方法ですので、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

▼関連記事▼

添い乳で太るとは限らない!添い乳を続けながらねんトレする方法も

母乳はいつまで最低限続ける?

はてな

「一口でも多く、赤ちゃんに母乳を飲ませたい!」と思いつつも、母乳育児を続けている限り、悩みは尽きません。

思うように母乳育児が進まないと、精神的にもツラく、育児に自信が持てなくなってしまうんですよね。

いくらママが努力しても、

  • 母乳の出がよくない
  • 乳腺炎などのトラブルを繰り返す
  • 赤ちゃんが母乳を嫌がる

などの悩みが続くと辛いですね。

いっそのこと、母乳育児をやめたい!と考えてしまいますね。

ですが、ふと「赤ちゃんにとって、母乳はいつまで最低限続けるべきなんだろう?」「はやく母乳を辞めることでデメリットはないの?」など、考えてしまい、断乳に踏み切れない・・・という場合、あると思います。

ですが実は、「ママが辛いと感じたら、母乳はいつでも辞めてもいい!」んです。

母乳育児では、赤ちゃんを優先しがちですが、本当はママの心と体がいちばん。

ミルク育児でも、赤ちゃんはスクスク成長します。

ママが母乳で悩んで落ち込んでしまうよりも、思い切って断乳して、ママがニコニコ笑顔で赤ちゃんに接することの方が大切なんです。

▼関連記事▼

母乳はいつまで最低限続ける? ママがツライならいつでも辞めてOK

夜間授乳で起こすのはいつまで?

赤ちゃんと布団

夜間授乳をしていると、細切れの睡眠が続くため、ママはしんどいですよね~。

寝不足だと体調も崩しやすいですし、どうしてもイライラしちゃいます。

夜間授乳って、いつまで続けるべきなんでしょうか?

ぐっすり眠っている赤ちゃんを、夜中にわざわざ起こしてまで授乳する必要ってあるの?と思っちゃいますよね。

基本的には、生後6か月ぐらいまは、夜間授乳は赤ちゃんにとって必要です。

あまりにも早い段階で夜間授乳を辞めてしまうと、赤ちゃんの体重が増えなかったり、脱水になってしまったりと、トラブルを引き起こしてしまいます。

とはいえ、母乳だけの夜間授乳はたしかに大変。

ときには、添い乳やミルクも取り入れながら、夜間授乳を乗り切ってください!

さらに、授乳間隔を調整することで、夜間授乳の大変さを軽減することができます。

おすすめの対策や、授乳時間をご紹介しています。

コツをおさえることで、夜間授乳の辛さが軽減します!

▼関連記事▼

夜間授乳で起こすのはいつまで?起こす起こさないを見極めるコツ

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
授乳
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました