産後太りはなぜ起こる?原因4つと痩せやすい時期やおすすめの運動

体重計 産後ママ

産後太りはどうして起きてしまうんでしょう?

妊娠、出産により大きく体が変わってしまい、痩せにくく太りやすくなってしまった・・・と悩む女性、多いんですよね。

それに日々、育児に振り回されるため、自分の体をメンテナンスする時間もなかなか確保できず、ダイエットする間もない・・・というのが現実ですね。

ですが、産後3~6か月は痩せやすい!と言われている時期。

さらに、妊娠中についてしまった脂肪は、比較的落としやすい!とも言われているんです。

つまり、産後半年ぐらいまではダイエットのチャンス!なんですね。

忙しいママにこそ試してほしいエクササイズをご紹介します。

わたしもこの方法で、産後太りから脱却できました~!

スポンサーリンク

産後太りはなぜ起こる?原因4つ

体重計

骨盤のゆがみ

妊娠・出産をすると骨盤が大きく開き、体が歪みやすくなってしまうんですよね。

開いた骨盤は産後、ゆっくりと元に戻るのですが、実は個人差が大きいところ。

筋肉がある女性は開いた骨盤が戻りやすいのですが、筋肉が少ない女性は戻りにくいんです。

骨盤が戻らないと、内臓が下がってしまうため、ぽっこりお腹やデカ尻の原因にもなっちゃうんです!

血液循環も悪くなるため、冷えや腰痛などのトラブルも引き起こしてしまうんです。

基礎代謝が低下している

妊娠中、あまり運動をせずに筋肉が落ちてしまった女性は基礎代謝が低下してしまっている可能性が。

基礎代謝とは、人が普段の生活で消費するエネルギーのことですね。

基礎代謝が落ちていると、いつもと同じ量を食べても太ってしまいます。

妊娠中に溜まった脂肪

妊娠中は、体に脂肪を蓄えやすくなりますね。

妊娠中に溜まった脂肪を早めに落とさないと、産後太りの原因になってしまうんです。

慣れない育児ストレス

慣れない育児と寝不足で、知らず知らずのうちにストレスを抱え込んでしまっているんですよね。

育児でストレスが溜まるのは当たり前というか、ある程度は仕方ないと思うのですが、ドカ食いや甘い物をたくさん食べることがストレス解消!になっていませんか?

軽い運動やストレッチをするだけでもストレスが軽減され、食欲をおさえることができますよ。

産後太りは6か月までが痩せやすい!

妊娠中についた脂肪は、産後3~6か月は落としやすいんです!

産後3か月になると、体もだいぶ戻り、少しずつ育児に慣れてくる頃ですね。

少しずつ、できることからでOKですので、日常の中で体を動かすことを取り入れてみて。

産後太りは楽しい運動でストレスも解消!

オンラインレッスン

ウォーキング

産後1か月~1か月はころには、赤ちゃんを連れて外出できるようになりますね。

車よりも自転車、自転車よりもウォーキングでのお出かけがおすすめ!

ウォーキングは有酸素運動になりますからね。

脂肪燃焼の効果が期待できちゃいます!

それに、毎日赤ちゃんと家に二人っきりで閉じこもっていてはストレスが溜まってしまいます。

わたしも、毎日赤ちゃんを連れて外に出るようにしてましたよ。

暑い日や寒い日、雨の日でも毎日外出してました!

近所をぐるっと一周したり、買い物に出かけるだけでも気分転換になるんですよね。

スポンサーリンク

家事は立って行う

家事は座って行うよりも、立って行う方がカロリーを2倍も消費する!と言われているんです。

忙しいママだからこそ、毎日の家事がエクササイズになれば嬉しいですね。

中でも、洗濯物たたみは座ってやるものだと思い込んでますよね。

たしかに、座ってたたまないとうまくできない洋服もありますが、タオル類は立ったままでもサッと畳めるんですよね。

わたしも、なるべく立ったまま洗濯物を片付けるようになってから、家事効率がアップ!しました~。

洗濯物を取り込み、ハンガーなどを仕舞うついでにタオル類を洗面所に運ぶ。

そしてそのままタオルはサッと畳んで収納しちゃえば、意外と時短になるんです。

ぜひ、試してみてください!

ヨガ

天候に左右されず、そして自宅でも手軽にできる運動といえば、やっぱりヨガ!ですね。

妊娠中にマタニティヨガをしていた女性、多いのではないでしょうか?

ヨガは赤ちゃんといっしょにできるプログラムもありますので、遊びを取り入れながら楽しく運動してみて。

ヨガマットさえあればOK。

ただ、ゆったりしたヨガなら無くても大丈夫です。

ヨガはストレッチを取り入れたような優しい動きのものもたくさんありますし、何よりがんばらずに行うというのがヨガのいいところ。

その日の自分の体調や気分にあわせて、ヨガのポーズを自分の体にあわせていきます。

実はわたしも、筋トレなどの運動は続かなかったのですが、唯一、ヨガだけは続いています。

あまりやる気がないな・・・というときは短めのヨガや優しいヨガをやったり、動きたいな!というときは、長めのヨガやちょっとキツめのヨガをやっています。

その日の気分や体調にあわせてプログラムを選べるのはいいですよね。

しかも自宅なら、ヨガウェアなどを用意しなくても、動きやすい恰好ならOKです!

骨盤ベルトを使うのもあり

運動によって筋力を戻し、脂肪を燃焼させるのも大事ですが、骨盤ベルトを使って骨盤を閉めていくのは産後の女性には有効。

産後ベルトは妊娠中だけではなく、産後も引き続き使いたいアイテム。

わたしも、産後1か月ぐらいは骨盤ベルトを使ってましたよ。

まとめ

妊娠・出産をすると、体が大きく変化しますよね。

出産すれば、元の体に戻るだろう!と思っていたけれど、実際は慣れない育児に振り回され、自分の体のメンテナンスなんてできない日々。

寝不足や育児ストレスで、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるんですよね。

忙しいママだからこそ、日々の家事や育児の時間を上手に使いたい!ですね。

実はわたしも、「運動する時間なんて無いし・・・食事制限すればいっか!」な~んて、甘い考えを持ってました。

でも、育児って体力勝負ですので、食事制限なんてムリ!でした~。

特に授乳中は、過度な食事制限はNGですしね。

そこで、自転車で出かけるのを控え、歩いて買い物に行くようにしたり、子供といっしょにヨガを楽しむようになってからドカ食いが無くなりました!

運動すると、不思議なことに自然と食欲がおさえられ、間食が減りました。

すると、いつの間にかスルスルっと体重が落ち、妊娠前まで戻りました!

妊娠中の脂肪が落ちやすい!って本当だったんですね~。

ぜひ、ご自身にあった方法で、日々の生活で体を動かすことを取り入れてみてくださいね。

▼関連記事▼

産後どんどん太る…やばい体重増加でも簡単ケア5つで戻った!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました