産後に太る…母乳をあげていれば痩せるんじゃなかったの!?

菓子パン 産後ママ

産後は母乳をあげていれば、ダイエットしなくても体重は戻るよ!という話、よく聞きますよね。

ですが、母乳育児なのに太った!

産後太りがなかなか解消されない・・・などの悩みを持つママ、意外と多いんですよね。

たしかに、授乳をしているとカロリー消費が激しいため、特別な産後ダイエットをしなくても痩せるのは事実です。

ですが、

  • 母乳をあげているとお腹が空く
  • 育児ストレスの解消に
  • 妊娠中から食べグセがついてしまった

などの理由で、産後についつい食べ過ぎてしまう女性、多いんです。

気持ちはわかりますが、母乳で消費されるカロリー以上に、食事でカロリーを摂取してしまうと、当然、太ります!

ただ、妊娠中についた脂肪は水分が多いため、落としやすいと言われています。

中でも、産後半年までは痩せやすい時期。

ぜひ、痩せやすい時期を逃さず、上手にカロリー消費をして妊娠中についた脂肪を落としちゃいましょう!

スポンサーリンク

産後は太る!母乳育児でも油断は禁物

菓子パン

母乳をあげていると喉が渇く!お腹が空く!んですよね~。

わたしも、そうでした!

栄養吸い取られてるぅ~!!!って思ってました。

赤ちゃんってすごいですよね。

ですが、お腹が空くから!と言って、毎食モリモリ食べていては、当然太るんです。

昔は、母乳をたくさん出すために白米やお餅がいい、なんて言われていましたが、今は違います。

お餅はカロリーが高いですので、むしろ食べ過ぎると母乳が詰まる原因にも。

白米は、比較的母乳は詰まりにくいんですが、だからと言って、毎食2膳以上食べてしまうのは、やはり、食べ過ぎです。

他にも、甘い物、特に生クリームなどの乳腺品や、揚げ物などの脂っこいものは母乳がドロドロになりやすいので、要注意です。

授乳中の食事は、和食中心にするのがおすすめ!

野菜たっぷり、水分もたくさん摂るようにすると、母乳の質も量もアップします!

母乳は、血液から作られていますからね。

食べたものが母乳の質や量に直結するんです。

和食中心のバランスのいい食生活を続けていれば、赤ちゃんのために美味しい母乳を出してあげることもできますし、妊娠中についた脂肪もスルスルと落ちていきますよ。

ただ、毎食手作りでバランスのいい食事!って、難しいですよね~。

そんなときは、お弁当やお惣菜に頼ってもOKですよ!

お弁当やお惣菜を選ぶときも、和食メニューにするのを忘れずに。

どうしても甘い物が食べたいときは、洋菓子よりも和菓子がいいですよ。

スポンサーリンク

産後痩せるのはいつから?

和食

母乳育児を続け、食事にも気を付けるとどれぐらいで痩せていくか?気になりますよね。

もちろん、母乳の出る量や赤ちゃんの飲む量、ママの基礎代謝や運動量など、個人差が大きいため、「いつから痩せる」というのは断言できません。

ですが、産後3~6か月がいちばん痩せやすい!と言われています。

しかも、妊娠中についた脂肪は普通の脂肪とは違い、水分が多いため比較的落としやすい!とも言われているんです。

そのため、産後6か月までは痩せやすい時期!

ダイエットをするには最適な期間だと言えますね。

わたしの場合、一人目育児のときは産後2か月ぐらいで体重が元に戻りました。

初めての育児はそれだけ大変だった・・・と思います。

一方、二人目のときは産後2か月で体重は戻ったのですが、それ以上は痩せず。

しかも、卒乳したら一気に2キロ増え、今もその2キロ増をキープしている・・・という状態です。

やっぱり授乳していた時期は自然にカロリー消費が増え、痩せやすい時期だったんだな・・・と思います。

ただ、あのときは子供との散歩以外、特別な運動はしていなかったため、痩せたけどぽっこりお腹やデカ尻は解消されませんでした・・・!

妊娠・出産・育児で運動量が減ってしまい、筋肉が落ちちゃったんだろうな・・・と思います。

まとめ

産後6か月までは、妊娠中についた脂肪を落としやすい時期です!

さらに、授乳をしていれば、自然とカロリー消費が増えますので、産後に特別なダイエットをしなくてもスルスルと痩せていく時期です。

ただ、授乳中ってお腹減るんですよね~!

お腹が減る分、食べ過ぎてしまうと、いくら授乳していても痩せません。

母乳の量や質をアップさせ、体重を早く戻すためにも、和食中心の食事がおすすめです。

どうしても育児ストレスで食べてしまう、食欲が抑えられない!という場合、間食の内容を見直してみるのもアリです。

おやつを抜くことでストレスが溜まり、反動でドカ食いしちゃう!というのがいちばん良くありません。

たとえば、ミルクチョコレートをカカオたっぷりのチョコレートにする。

スナック菓子を、プロテインバーやナッツ類にする。

洋菓子よりも和菓子を選ぶ。

水分をたくさんとる。

などなど、授乳中のママは過度な食事制限とストレスが溜まるような食生活はNG!

忙しいママだからこそ、できることから工夫して楽しく続けてみて。

▼関連記事▼

産後どんどん太る…やばい体重増加でも簡単ケア5つで戻った!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました