産後は妊娠前より痩せた!痩せすぎて老けた印象になった悲しい体験談

ベビーヨガ 産後ママ

一人目の産後、特別産後ダイエットなどはしなかったのですが、産後2か月ぐらいにはすっかり妊娠前の体重に戻りました。

戻ったのは嬉しいんですが、そのあとも体重が減ってしまい、なんだかやつれた、老けた印象になってしまいました・・・!

母乳で育てていたこともあり、自然とカロリー消費していたようです。

わたしの場合、授乳中は空腹よりも喉の渇きを感じ、水分ばかり摂ってました。

それに、初めての育児ということもあり、食べる時間がない!と思うほど育児に振り回されていました~。

体重は減ったけど、運動せずに痩せてしまったため、全体的にたるんだ残念な体になってしまいました・・・。

スポンサーリンク

産後に妊娠前より痩せた!

ヘルスメーター

  • 完全母乳の育児だった
  • 子供は母乳の飲みが良く、ぷんぷくりん
  • 母乳が詰まりやすく、和食中心の食生活
  • 初めての育児に振り回され、ゆっくり食事できなかった

母乳育児をしていると、産後ダイエットしなくても痩せる!というのはホントだな~、身をもって体験しました。

産後2か月には、妊娠前の体重に戻りました。

しかも、妊娠中についた脂肪は比較的落としやすいんだとか。

せっかく授乳でカロリー消費していますので、それ以上食べなければ痩せる!というのが真実だと思います。

さらにわたしの場合、母乳が詰まりやすく、甘い物や脂っこいものを食べるとすぐにしこりができ、乳腺炎になってしまったことも。

それ以来、和食中心のあっさりとした食事を心がけていました。

母乳のケアは大変でしたが、食事に気を遣えたのはよかったかな?と思います。

ですが、毎日育児に振り回され、特に平日のお昼はご飯を食べる時間が無い!なんて時期もありました。

そのため、毎日納豆ごはん!という日も。

極端な生活をしていたな・・・と思いますが、それぐらい、初めての育児は想像以上に大変だったなと感じます。

ですが、運動せずに体重が落ちてしまったため、首や鎖骨まわりはガリガリなのに、お腹やお尻がたるむ!という残念なボディに・・・。

筋肉も落ち、正しい姿勢がキープできず、猫背で肩こりや腰痛のトラブルもしょっちゅうでした。

スポンサーリンク

産後に痩せる人と痩せない人の違いは?

ベビーヨガ

  • 母乳育児かどうか?
  • 赤ちゃんとお散歩してるか?
  • 育児ストレスでドカ食いしてないか?

原因はさまざまなんですが、実は、ダイエットの原理は単純なんです。

消費カロリー > 摂取カロリー

基礎代謝や運動などの消費カロリーが、食事などの摂取カロリーを上回れば痩せるんです。

たったこれだけのことなんですが、

  • 家事と育児で忙しくて運動する時間がない
  • 育児ストレスで食べすぎてしまう

などなど、なかなか痩せられない理由、いろいろありますね。

たしかに、ママって忙しいですし、自分の体をメンテナンスする時間なんて無いんですよね。

でも、忙しいママだからこそ、焦らずゆっくり、そして楽しみながらダイエットすることを心がけて欲しいな!と思います。

家事と育児で忙しいなら、赤ちゃんとのお出かけは車よりも自転車、自転車よりもウォーキングにする。

家事はなるべく立ってやる。

家事は座ってやるよりも、立って行った方がカロリーを2倍も消費する!と言われています。

育児ストレスの解消法を食べること以外のことを探してみては?

おすすめは、ストレッチなどの軽い運動。

中でも、赤ちゃんといっしょにできるベビーヨガはおすすめですよ!

運動すると、普段赤ちゃんに授乳したり抱っこしたりして、凝り固まった首や肩をリセットすることができます。

ヨガは、ヨガマットさえあればOK!

天候に左右されないのも、嬉しいポイントですね。

さらに、食欲も自然におさえることができるんです。

え?ホントに?と思うかもしれませんが、ぜひ、試してみて!

ダイエット目的だけの運動はきつくて続かず、結果も出ないとモチベーションも維持できませんよね。

ですが、ダイエットだけではなく、肩こりや腰痛などの予防、血行促進など、健康のため!と思うと意外と楽しくムリなく続けることができます。

わたしも現在進行形で、ヨガだけは続いている運動です。

むしろ、ヨガをしないと気持ち悪い!と思っちゃうほどになりました。

まとめ

妊娠・出産で大きく変わってしまった体型。

仕方ない・・・と思いつつも、ふとした時に鏡をみて悲しい気持ちになったり、まわりの痩せてるママと比べて落ち込んでしまったり・・・。

痩せなきゃ!痩せるぞ!と思っても、実際は育児中のママは時間がなくて難しいですよね。

特に授乳中だと、過度な食事制限はNGですし。

ダイエットしよう!と思うと辛くなってしまいますので、健康のために運動や食生活を見直そう!と考えると、少し気楽に取り組めます。

それに、育児は体力勝負ですからね。

運動して体力をつけ、疲れにくい体を手に入れる!ことは重要です。

わたしのように、運動せずに食事もあまり取ってないと、老けた印象の体になっちゃいます・・・!

一気に痩せるのは危険ですので、健康的な体を目指したいですね。

▼関連記事▼

産後どんどん太る…やばい体重増加でも簡単ケア5つで戻った!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました