授乳中はあんこが良い!ってホント?授乳中のお菓子のホントとウソ

たい焼き 産後ママ

授乳中は「母乳の出が良くなるからあんこを食べて!」と義母に毎日のように和菓子を差し入れされた・・・というママもいらっしゃいます。

なぜ、小豆は母乳にいいと言われているんでしょう?

そして、ホントに小豆のおかげで、母乳の出が良くなったりするんでしょうか?

たしかに、小豆には母乳の質をアップさせる栄養が含まれていますが、小豆だけで母乳の出が良くなるとは限りません。

さらに、「和菓子は母乳にいいから」と食べ過ぎてしまっては、逆に母乳の分泌が多くなり、つまりやしこりなどの母乳トラブルが起こってしまうこともあるんです!

「授乳中はあんこを食べましょう!」というより、「甘い物が食べたくなったら、洋菓子よりも和菓子」という考え方の方がしっくりきます。

特に、お餅を含むおしるこや大福、お団子などはカロリーが高いため、和菓子の中でも食べ過ぎには注意したい食べ物です。

スポンサーリンク

授乳中にあんこが良いのはなぜ?

最中

小豆に含まれる「サポニン」という成分が、母乳の分泌を良くすると言われています。

また、小豆にはビタミンや鉄分、食物繊維も含まれています。

産後の貧血に悩んでいるママや、便秘に悩んでいるママにも、小豆は適した栄養を含んでいるんですね。

これが、「あんこは母乳にいい」と言われている理由だったんですね。

ですが、ご存じの通り、あんこは小豆にたくさん砂糖を加えて作っていますね。

いくら小豆が母乳にいい栄養を含んでいても、食べ過ぎてしまっては本末転倒。

特に、カロリーが高いと言われているお餅といっしょに食べると母乳の分泌が多くなってしまい、詰まりやしこりなどの母乳トラブルが起きてしまうことがあります。

いくらあんこが母乳に良くても、食べ過ぎには注意する必要があります!

授乳中は洋菓子よりもあんこを使った和菓子!

たい焼き

とはいえ、授乳中は甘い物が食べたくなりますよね~。

授乳って、カロリー消費が激しいですし、慣れない育児と寝不足で疲れも溜まりやすいんですよね。

疲れているときは、やっぱり甘い物が欲しくなりますね!

そんなときは、あんこを使った和菓子がおすすめ!

食べ過ぎは要注意ですが、ケーキやドーナツなどの洋菓子に比べると、和菓子の方がカロリーが低いため、おすすめなんです。

それに、生クリームなどの乳製品や油で揚げてあるお菓子は、授乳中のママには不向き。

わたしも、授乳中にショートケーキを食べたら、母乳が詰まってしこりが出来てしまい、痛い思いをしたことがあります・・・。

それ以来、甘い物を食べるのがこわくて控えていたのですが、だんだんガマンできなくなってきました。

そんなとき、洋菓子よりも和菓子!

あんこを使ったたい焼きやどら焼き、あんぱんなどは授乳中でもOK!ということを知り、試しに食べてみました。

そうしたところ、特に母乳トラブルもなく、しかも甘い物が食べたい!という欲求が満たされて、とても満足したのをよく覚えています。

ガマンし過ぎると逆にストレスが溜まり、ドカ食いしちゃう原因にもなってしまいますので、適度に甘い物を楽しんで、ストレスを溜めないようにするのが大事なんですね。

スポンサーリンク

授乳中はぜんざいもおすすめ!

ぜんざい

あんこを使った和菓子でも、お餅を使った大福やおしるこはカロリーが高いため、あまりおすすめできません。

ですが、あんことお餅って相性がいいんですよね~。

モチっと食感を楽しみたい・・・という場合は、白玉ぜんざいがおすすめです!

白玉粉は、米粉からできていますので、お餅よりもカロリー控えめで安心して食べることができます。

しかも、意外と簡単に手作りもできちゃうんです。

スーパーに行くと、白玉粉が売ってます。

あとは材料を混ぜて生地を作り、お湯でゆでるだけ!という簡単なレシピ。

子供といっしょに作るのも簡単で楽しいレシピです!

あとはあんこと白玉だんごを盛りつければ、ぜんざいの完成です!

お正月に、家族はおしるこを食べるけど、お餅は控えたいな・・・というママ、白玉ぜんざいにしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

「授乳中はあんこが良い!」と言っても、食べ過ぎは良くないんです。

「あんこを積極的に食べよう」という意味ではなく、甘い物が欲しくなったら、洋菓子よりもあんこを使った和菓子の方がカロリー控えめでおすすめ、という意味だったんです。

授乳中でも、あんこは食べなくても何の問題もありません。

たまに、年配の世代の方は、「お餅やあんこは母乳の出が良くなるから」と進めてくる方もいらっしゃいます。

ですが、あんこも砂糖をたくさん使っていますし、お餅もカロリーが高い食べ物ですので、注意が必要です。

とはいえ、あんこを使った和菓子は、洋菓子よりはカロリー控えめで、授乳中のママでも安心して食べることができますので、適量を楽しんでくださいね。

他にも、さつまいもは砂糖を使わなくても自然な甘さで、授乳中のおやつにぴったりです。

干し芋なら保存もききますし、食物繊維もたっぷりです。

さらに、お腹が空いてどうしようない・・・というときは、思い切って炭水化物を摂るのもアリです。

授乳中は、カロリー消費が激しいため、実はおやつを食べるメリットもあるんです。

▼関連記事▼

授乳中のおやつにおすすめの市販品7選!おやつを食べるメリットも!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました