授乳中のカフェオレは飲んでもOK!でも市販はお砂糖と乳脂肪に注意

カフェオレ 産後ママ

授乳中でも、カフェオレ飲みたくなりますよね~。

ただ、気になるのがカフェイン。

カフェインの影響で、赤ちゃんが寝なくなったらどうしよう・・・!と不安になっちゃいますよね。

ですが、授乳中でもコーヒーは1日2~3杯飲んでも大丈夫です!

それに、カフェオレはコーヒーに牛乳を加えていますので、カフェインの量は約半分ぐらいになるんです。

カフェインを気にししてガマンするよりも、ママがリラックスする時間を作って過ごすことのほうが大事です!

ただし、市販のカフェオレは甘すぎるので、あまりおすすめできません。

自宅で美味しいカフェオレを作る方法をご紹介しています。

牛乳の他、豆乳やアーモンドミルクで作るカフェオレも、一味違っておすすめです!

お砂糖なしでも、シナモンやメープルシロップで美味しくなります!

スポンサーリンク

授乳中のカフェオレはOK!

カフェオレ

授乳中のママでも、カフェオレは飲んでも大丈夫です!

カフェオレとは、普通のコーヒーに牛乳を混ぜた飲み物ですよね。

牛乳を加えている分、コーヒーの苦味が緩和されて、マイルドで飲みやすくなりますよね。

さらに、コーヒーって刺激物ですので、牛乳を入れることで、胃への負担も和らげることができます。

しかも、牛乳を加えることで普通にコーヒーを飲むよりも、カフェインの量を抑えることができるんです。

授乳中のママでも、コーヒーは1日2~3杯飲んでもOK!と言われていますので、カフェオレも飲んでも全く問題ありません!

カフェインが母乳に移行する量は、わずか1%ほどと言われています。

さらに、カフェインのせいで赤ちゃんが「興奮する、眠れなくなる」などの影響があるかどうかは、実はよくわかってないんです。

赤ちゃんへの影響を気にするあまり「カフェインは絶対に摂らない!」と考えてしまうとストレスになってしまいます。

カフェインを含む飲み物食べ物って、たくさんありますからね。

もちろん、コーヒーを10杯!とかだと、赤ちゃんだけではなく、ママへの健康が気になりますが、常識的な範囲内なら飲んでも大丈夫です。

ただ、どうしてもカフェインの摂りすぎは気になる!という場合、

  • 授乳のあとに飲む
  • 1日に飲む量を決める
  • カフェオレ以外はノンカフェインの水や麦茶で水分補給をする

など、気を付けていれば大丈夫です!

ただし、市販のカフェオレにはお砂糖、乳成分が多く含まれていますので、カロリーが心配です。

カフェオレは買うよりも、自分で作るのがおすすめです。

スポンサーリンク

授乳中のカフェオレの美味しい飲み方

スタンダードなカフェオレ

カフェオレ

  • コーヒーは濃いめに淹れる
  • 牛乳は温める

この2つが美味しいカフェオレを淹れるためのポイントです!

牛乳を入れる分、コーヒーは濃いめに淹れてくださいね。

ドリップコーヒーを使うと、手軽に香りがいいカフェオレを作ることができます。

インスタントコーヒーでももちろんOK!

200ccのお湯に対して、小さじ3杯程度のインスタントコーヒーを溶かすと濃いめに出来上がります。

もっと本格的に!という場合は、フレンチプレスを使うのがイチオシです。

コーヒーメーカーは場所を取るし、価格的にも高くてちょっとな・・・という方にとって、フレンチプレスはぴったりです。

お手入れは必要ですが、収納の場所も取らず、手軽に美味しいコーヒーを淹れることができます。

ちなみに、粗目にひいたコーヒーを使うのがおすすめです。

うちの実家もフレンチプレスを使っていますが、味も香りも美味しいです。

ちょっと話が逸れちゃいましたが・・・

最後に、牛乳150ccを温めて、作っておいたコーヒーと混ぜ合わせれば、カフェオレの出来上がりです!

コーヒーと牛乳だけのシンプルなカフェオレですが、ひと手間かけるだけで香りが良くなります!

お砂糖なしでも美味しく飲むことができます。

豆乳やアーモンドミルクを使ったカフェオレ

アーモンドミルク

牛乳ではなく、「植物性ミルク」と言われる豆乳やアーモンドミルク、ライスミルクを使ったカフェオレの作り方です。

カフェでも、豆乳カフェオレのメニューは定番ですよね。

見た目はカフェオレと全く同じですが、味は全然違います!

意外とアレンジカフェオレの方が好き!という方も多いんですよね。

乳脂肪分が気になる方は、豆乳を使うことでカロリーを抑えることができますね。

作り方は、牛乳を使ったカフェオレと同じです。

  • コーヒーは濃いめに淹れる
  • 豆乳やアーモンドミルクは温める

特に、豆乳は冷たいまま熱いコーヒーと混ぜてしまうと、大豆のタンパク質が分離してしまいます。

コーヒーと同じぐらいの温度に温めるのがポイントです。

豆乳カフェオレには、シナモンやバニラエッセンスが合います。

次に、アーモンドミルクです。

アーモンドミルクとは、水に浸したアーモンドを細かく砕き、こしたものです。

アーモンドの香ばしさが感じられるため、一味違ったカフェオレが出来上がります。

メープルシロップで甘さをプラスするのもおすすめです。

最後に、ライスミルクです。

お米から作られているため、お米のほんのりとした甘さは残りつつ、いちばんクセがなく飲みやすいのが特徴。

牛乳が苦手!という方にも、ライスミルクはおすすめです。

まとめ

授乳中のママでも、カフェオレは飲んでもOKです!

むしろ、コーヒーにたっぷり牛乳を加えるため、コーヒーを普通に飲むよりもカフェインを抑えることができます。

常識の範囲内であれば、授乳でゅうでも気にせず、カフェオレを楽しんでくださいね。

ただし、市販のカフェオレはお砂糖や乳脂肪分が多めに使われています。

カフェインよりも、カロリーが気になってしまいますので、自宅で作るのがおすすめです!

ちょっとひと手間加えるだけで、自宅でも美味しいカフェオレは作ることができます!

また、植物性ミルクと言われる豆乳やアーモンドミルク、ライスミルクなどを使うことで、一味違ったカフェオレも楽しめます。

スーパーでも手軽に手に入りますので、牛乳が苦手!という方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

▼関連記事▼

授乳中のカフェイン量はどれくらいまで?飲む量とタイミングを徹底解説

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました