産後一日中パジャマの生活はいつまでだった?産後の服装は快適さ重視

着替え 産後ママ

産後は一日中パジャマで過ごすこと、珍しくありませんよね。

昼夜問わず、赤ちゃんのオムツ替え→授乳→抱っこの繰り返し。

ママは自分自身のことはほとんどできず、産後の体もまだまだしんどいため、赤ちゃんが寝ているときはママも休みたい!というのが本音ですね。

そのため、パジャマならすぐ横になれるし、授乳もしやすいため、リラックスして過ごすには欠かせない服装なんですよね。

産後の体力を早く回復させるためにも、産後1か月はゆったり過ごすのは大事なことです!

スポンサーリンク

産後一日中パジャマはだらしない?

パジャマ

産後はママの体力の回復と、昼夜問わずの赤ちゃんのお世話に追われるため、ママは自分自身のことは最低限のことしかできないんですよね。

ゆっくりご飯を食べる時間も無く、急いでシャワーを浴び、トイレにすら自由に行けない・・・というのが赤ちゃんとの生活なんですよね~。

  • 赤ちゃんが寝ているときはいっしょに横になりたい
  • 授乳するのにパジャマの方が便利
  • 外出できないから、パジャマでゆったり過ごしたい

などなど。

産後ママは理由があって、一日中パジャマで過ごしているんです。

決して「グータラ生活してる」とか「着替えるのが面倒でだらしない」とか、そんな理由ではないんですよね。

それに、産褥期にムリをしてしまうと、産後の体が元に戻りにくくなってしまいます。

赤ちゃんといっしょに体を休めることは、ママにとって大事なことなんです。

いつでも横になれるよう、パジャマで過ごすことは合理的なんですね。

産後一日中パジャマの生活はいつまでだった?

着替え

産後1か月の健診を過ぎると、ママも赤ちゃんも外出できるようになりますね。

わたしも、産後1か月を過ぎた頃から、朝着替える生活に切り替えました!

特に、二人目出産のときは、上の子の保育園の送迎もあったため、保育園の用意や自分の身支度、洗濯などの家事・・・とやることがたくさん。

とりあえず、朝起きたら洗顔と着替え、メイクは日焼け止め&フェイスパウダーと眉をかき、髪はラフにまとめて送迎してました!

着替えてメイクするだけで、かなり気分転換になったのを覚えています。

しかも、外出できるようになってから、赤ちゃんとの生活にメリハリがついてストレス発散にもなりました!

どうしても、赤ちゃんと一日中家で二人っきりで過ごしていると、息がつまることがあるんですよね。

赤ちゃんも、グズっていても外に連れ出すと泣き止むんですよね~。

朝のうちに着替えやメイクを済ませていると、赤ちゃんがグズったときにサッと出かけることができるので、わたしにとっては向いている生活リズムでした!

もちろん、個人差がありますので、「産後1か月過ぎたら着替えなきゃいけない」とか、そんなことではありません。

産後3か月ぐらいまで実家に里帰りしていて、来客の対応や買い物など、外出することがなかったから、ずっとパジャマだった。

産後1年経っても、パジャマというか、スウェットの生活がラクだから、部屋着で過ごすことが多い、など。

ライフスタイルはそれぞれですよね。

ご自身の生活にあわせたスタイルを見つけるのがいちばんだと思います!

スポンサーリンク

マタニティパジャマって必要?

ルームシェア

ゆったりシルエットでお腹を包んでくれるマタニティパジャマ。

妊娠中しか使わないのでは?と思うと、購入するかどうか迷いますよね。

ですが、妊娠中から産後まで、長く使えるマタニティパジャマがたくさんあるんです!

産後はまだお腹がぽっこりしていますし、入院中は内診もあるため、マタニティパジャマは重宝します。

さらに、授乳口つきのパジャマもあるため、母乳で育てたい!と思っているママにとっては欠かせないアイテム。

わたしもマタニティパジャマを購入しましたが、産後も長く着ることができてよかったです。

それに最近は、パジャマに見えないようなデザインのものも多いんですよね。

わたしは、「スウィートマミー」でマタニティパジャマやインナー、授乳服などを買いそろえました!



洗い替え用に、マタニティパジャマは2~3枚もっていると安心です。

出産後や育児中におすすめの部屋着とは?

婦人服

いざ、パジャマ生活を卒業して、朝着替える生活に切り替えよう!と思っても、どんな服なら育児しやすいか、ちょっと迷いますよね。

授乳をする場合は、「授乳しやすい」というのは必須条件ですし。

でも、授乳口付きの服じゃなくても大丈夫ですよ!というのが、わたしの経験です。

わたしの場合、「シャツタイプ」または「襟元が大きく開いている服」を選ぶことが多かったです。

シャツだったら、きちんと感も出ますし、授乳も問題なくできます。

ちょっと遠出するときや、友人に会うときなんかはシャツがおすすめ。

また、襟元が大きく空いている服も、授乳しやすくてラクでした~。

ただし、首元がヨレヨレになっちゃいますので、プチプラで探すのがおすすめです。

イマイチだったのが、チャック付きのパーカーなど。

チャックだと、たしかに授乳はしやすいんですが、チャックが赤ちゃんの顔に当たってあとが付いちゃうことがありました。

そのため、チャックの洋服よりも、ボタンが付いてるシャツやカーディガンなどの方がおすすめです。

ボトムスは、動きやすいパンツスタイルが中心になっちゃいますね。

特に、子供が歩けるようになると、ママは追いかけなきゃいけなにので、パンツ&スニーカーは必須アイテムです。

ただ、自宅ではもう少しゆったりした服装で過ごしたいな・・・という場合、スウェットに着替えちゃうのもいいと思います。

わたしも、子供とお昼寝するときは、パジャマではなく、スウェットです。

まとめ

産後は赤ちゃんのお世話で手一杯になるだけではなく、産後は体力もまだ回復していないため、赤ちゃんが寝たらいっしょに寝たい!というのが本音ですね。

むしろ、産後はムリしてはいけませんので、それがいちばんだと思います。

いつでもリラックスして横になれるよう、一日中パジャマで過ごすのは、産後には必要なんですね。

だらしない・・・などと思う必要はありませんので、ママと赤ちゃんのペースを大事に過ごせるといいですね。

▼関連記事▼

産後メイクはどうする?3分時短テク&ママと赤ちゃんに優しいメイク

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました