産後メイクはどうする?3分時短テク&ママと赤ちゃんに優しいメイク

メイク時間 産後ママ

産後は赤ちゃんのお世話に追われ、なかなか自分のことをする余裕はありませんよね。

ですが、久々に鏡に映った自分を見てビックリ!

ボサボサの髪の毛に疲れ切った顔・・・。

うわっ・・・ヒドイ!・・・ひどすぎるぅ~!

そろそろ赤ちゃんとお散歩や買い物に出かけたいから、外出しても恥ずかしくない程度に身なりを整えたい!

雑誌やネットでいろいろ調べたけれど、ナチュラルメイクって実はとっても難しい!

はぁ、、、やっぱりムリかも・・・。

ということで、小難しいテクニックは抜きにして、自分でできることから始めてみました!

メイクって簡単!

しかも、すっぴん風メイクは時短で仕上がるのはもちろん、肌への負担が少なく、メイク直しやメイク落としもラク!というメリットもあったんです。

スポンサーリンク

Pick Up
▼産後の心と体の変化に戸惑っているママ必見▼

産後の体はボロボロ!?知っておきたい体の変化やマイナートラブル!

産後の時短メイク2ステップ

メイク時間

産後時短メイクの必需品

まずは産後メイクを時短で済ませるための必需品をご紹介!

とりあえず、この3つがあれば3分メイクも叶っちゃいます。

  • BBクリーム
  • フェイスパウダー
  • パウダーアイブロウ

最速!産後の時短メイク2ステップ

個人差はあるかもしれませんが、わたしの場合、ベースと眉毛さえあればなんとかなります!(笑)

ステップ1:BBクリーム&フェイスパウダー

やっぱり、時短メイクにBBクリームは欠かせません・・・!

BBクリーム1本あれば、「美容液・乳液・保湿・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション」の役割をこなしてくれる、超優れもの。

便利ですね~。

出産前から知っていたら・・・なんて思っちゃいます。

BBクリームを顔全体に塗るだけで、顔色がパッと1段階明るくなります。

これだけでもじゅうぶんですが、仕上げにフェイスパウダーを塗れば完ぺき。

ステップ2:眉毛があればきちんと見える!

眉がボサボサだったり、無かったりするとすっぴん感は隠しきれません・・・!

ですが、眉を描くだけできちんとした印象に!

いや~、不思議ですね~。

中でもおすすめなのがパウダーのアイブロウ。

KATEのアイブロウはプチプラで不動の人気を誇りますよね。

わたしもずーっとお世話になっています♪

パウダーは肌なじみがいいですし、多少失敗してもブラシでぼかせばカバーできます。(笑)

時短メイクの必需品です!

時短メイク2ステッププラスα

メイク道具

ベースメイク&眉の2ステップさえ完成すれば、近所への散歩や買い出しはコレでOK!

ここにさらに、

  • アイシャドウ
  • クリームチーク
  • リップ

があると、きちんと感がアップします!

わたしは、ラメ入りのアイシャドウがお気に入り。

薄いメイクでも、ひとぬりで華やかさがアップします。

血色が気になる方は、クリームチークとリップで仕上げすれば顔色が良く見えます!

口紅だとヨレてしまったり、子供の服やマスクに付いてしまうと厄介ですよね~。

化粧直しする時間がないこともありますし。

でもリップなら、自然なツヤがプラスされて、直すのも簡単。

わたしの場合、何年も唇のガサツキには悩まされていたのですが、やっと理想的なリップに出会うことができました。

それが、ニベアのリップ。

はちみつ成分が乾燥にいいようで、もう何年も使い続けています。

さらに!時短メイクの小技

メイク用フェイスブラシ

フェイス用メイクブラシ

ファンデーションやフェイスパウダーをパフで丁寧に塗るのは苦手・・・という方におすすめしたのが、メイクブラシ!

大きめのサイズがおすすめです。

メイクブラシを使えば、ムラになりにくく、さらに短時間でメイクを仕上げることができます!

マスカラはどうする?

時短メイクをするとき、マスカラはしなくてOKです。

ですが、アイメイクにこだわりがある場合や、久々に友だちと会う場合など、きちんとメイクしたい場合もありますよね。

そんなときにおすすめなのが、フィルム系のマスカラ。

お湯でオフできる!っていう優れものですよね。

フィルム系マスカラなら、パンダ目になる心配はないですし、メイク落としもラクラク!

ただし、ビューラーを使うときは注意してくださいね!

産後は髪の毛が抜ける!というのはよく聞く話ですが、ビューラーをしたらまつ毛もゴッソリ抜けた!というホラーな体験をしているママもいるんです。

実はわたしも、ビューラーが苦手で、せっかくまつ毛をカールさせてもすぐに下向きになっちゃって・・・。

ずっと悩んでいたんですが、ビューラーを使わなくてもOKのメイクテクニックありました!

それが、「すだれまつ毛」。

ビューラーを使わずに、マスカラを塗るだけ!

ナチュラルで大人っぽい印象に仕上がります♪

しかも、下を向いたときのまつ毛の長さも強調されるので、ツヤっぽい印象に!

コレを知ってから、わたしはもっぱらすだれまつ毛メイク派です。

▼関連記事▼

赤ちゃんがいるママ化粧はどうしてる?いつから再開した?体験談

産後メイクのメリット・デメリット

疑問

忙しい子育てママでも、短時間でパパっとできるメイク術をご紹介しました。

ですが、短時間ゆえにデメリットも・・・。

それが、「カバー力に欠ける・・・!」です。

もう、仕方ないですね。

しっかりリキッドファンデーションを塗るわけではなりませんので、隠したいシミや毛穴などのアレコレをまるっとカバーすることはできません・・・!

しっかりメイクでカバーしようと思うと、それなりにメイクに時間がかかってしまいますし、赤ちゃんに付いてしまったら心配・・・ですよね。

ですが、意外と他の人はそこまで見てない!というのが事実!(笑)

わたしのおばが、ほくろを取ったことがあるんですが、言われるまで気づきませんでした。(笑)

しょっちゅうご飯行ったりショッピング行ったりと、仲良しの間柄でもそんなもんです。

それに、時短メイクは悪いことばかりではありません。

わたしも実感しているんですが、明らかに肌への負担が軽くなりました!

以前は、メイクして汗をかくと顔がかゆくなってしまったり荒れたり・・・という悩みがありました。

ですが、下地+フェイスパウダーにしただけで、汗をかいてもかゆくないですし、メイク落としもラクラク。

それに、ファンデーションだと時間が経つとどうしてもヨレてドロッとした感じになり、メイク直しは必須!でした。

でも、子供といっしょにお出かけしたりすると、メイクを直すヒマないんですよね~。

フェイスパウダーだったら、メイクが崩れても「あ~、スルっと落ちちゃった~、すっぴんかな?」程度で、ドロッとしたイヤな感じにはなりません。

さらに嬉しかったのが、久々にリキッドファンデーションを塗ったときの化粧ノリの良さ!

普段のスキンケアだけじゃなく、肌に負担をかけないメイクは、わたしには合っているようです。

産後、仕事復帰を控えているママも、時短メイクを覚えておくと今後の生活に役立つこと間違いなし!です。

産後ママが使えるファンデーションの選び方

ファンデーション

肌への負担が少ないもの

産後の肌は想像以上に敏感になっているもの。

妊娠中、問題なく使えていた化粧品でも、産後のデリケートな肌では使えなくなった!というのはよくあることです。

かゆみや赤み、吹き出物など、明らかに肌トラブルがある場合は、化粧品を見直してみて。

敏感肌用や無添加のものを選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんが舐めても安心なもの

赤ちゃんがママの顔を触って、手をそのまま舐めてしまったり、赤ちゃんの肌についても安心なものを選びたいですね。

ミネラル100%のものや、植物由来のファンデーションがおすすめです。

時短で使えるもの

1本で何役もこなすファンデーションは、忙しいママの味方!

BBクリームやスティックタイプのファンデーションなど、ライフスタイルにあわせてお好みのものを選んでみて。

スポンサーリンク

産後ママへおすすめファンデーション3選&プチプラ

メイク道具

エトヴォス「ミネラルファンデーション」

エトヴォスのミネラルファンデーションといえば、産後ママには定番の人気商品。

妊娠中から使っている!という女性も多いんですよね。

軽い付け心地なのに肌にツヤが出ると!と口コミも上場♪

初めての方は、スターターキットからお試しするのもおすすめ♪

ファンデーションだけではなく、スキンケア・ヘアケアもあわせてお試しできますので、とってもお得です。



コフレドール「BBクリーム」

コフレドールといえば、超有名ブランドですね。

BBクリームとは思えないほどのカバー力&ウォータプルーフという嬉しい商品。

カバー力重視!という方にはおすすめのBBクリームです。

マキアージュ「パーフェクトマルチベースBB」

マキアージュも超有名ブランドですね!

敏感肌や乾燥肌に悩んでいる女性にも好評なのが、こちら。

保湿力が高いため、気になる毛穴にもスッとなじむ嬉しいBBクリームです。

色はライトがおすすめ!

プチプラコスメも優秀!

ちふれ BBクリーム 1

ちふれといえば、プチプラでも敏感肌向き!と人気ですよね。

他にも、キャンメイクやインタグレード、セザンヌなど、ドラッグストアで手に入るプチプラコスメもたくさん!

一度、お店を覗いてみるのもいいかもしれません。

産後メイクする派

メイクした女性

  • 気分がシャキッとする
  • 紫外線対策になる
  • ママでもキレイでいたい!

女性は、さまざまな理由でメイクをするんですね~。

たしかに、一日中赤ちゃんのお世話に追われ、今日は一歩も外に出ない!という日は、ついついパジャマでダラダラと過ごしてしまうこともあります。

でも、外出しなくても着替えてメイクするだけで、気分がシャキッとしてテキパキ動ける!という女性も多いですよね。

わたしも、そのタイプです!

パジャマで過ごしてしまうと、一日中スッキリしない気分のまま終わってしまうことも。

また、BBクリームや下地を塗るだけでも、紫外線対策になりますよね。

一日家の中で過ごしていても、窓から紫外線は入り込んでくる!と言われていますし。

シミは気になるお年頃ですからね~。

さらに、ママになってもいつまでもキレイでいたい!という女性。

「旦那に可愛いって思われたい」「育児で疲れた姿を見せたくない」

そんな健気な理由でメイクをするママも。

産後メイクしない派

スキンケア

  • 赤ちゃんの肌に化粧品が付いたり口に入ったりしないか心配
  • 子供と気兼ねなくスキンシップしたい
  • メイクをする時間も落とす時間もない!
  • 外出しないからメイクの必要性を感じない

たしかに、赤ちゃんは何でもかんでも触るし、触った指を舐めちゃうことは日常茶飯事。

ママの顔を触った手で指しゃぶりしていたら・・・気になっちゃいますよね。

「メイクが付いちゃう!」ことを心配するよりも、赤ちゃんとのスキンシップを存分に楽しみたい!というママは、すっぴんでいることが多いんですね。

他にも、そもそも「メイクをする時間も落とす時間もない!」というママ。

たしかに、一日中抱っこ・授乳・オムツ、抱っこ・授乳・おむつ・・・と繰り返しの育児。

ママが自分にかけることができる時間は激減!ですよね~。

メイクを「しない」のではなく、「できない」というのが現実。

すっごくよくわかります!

特に、一人目育児のとき、きちんとメイクしているママを見かける度に「いつメイクしてるんだろう?すごいな・・・」と思ってました。

メイクをする時間があるなら、少しでも横になって休みたい!というのが本音ですね。

そもそも産後メイクが面倒・・・まずはできることから!

UVケア

産後すぐの時期は、ママは体力の回復が最優先。

自分のことと赤ちゃんのお世話のみで、ムリは禁物ですよね。

ですが、無事に1か月健診を終え、赤ちゃんもママも順調であれば、近所へ散歩や買い出しへ行くのはOKですよね。

毎日の生活もありますから、少しずつ家事もしなければいけませんし。

そのためにはまず、着替えることから始めてみて。

産後直後はパジャマや部屋着など、ラクな恰好で過ごすことが多かったと思います。

「着替えるヒマすらない」という状況もわかります。

ですが、まずは着替えをすることで、だいぶ気分は違いますよ。

「そろそろ髪型やメイクもちゃんとしなきゃいけないのはわかっているけど、気が乗らない・・・」そんなときは、できることから始めてみて。

さらに、女子力と美意識を復活させるために、部屋に全身鏡を置いた!というママも。

たしかに、鏡にボサボサの髪の毛やすっぴんで疲れた顔が映ったら・・・意識せざるを得ませんね・・・!

▼関連記事▼

産後一日中パジャマの生活はいつまでだった?産後の服装は快適さ重視

産後ママのフルメイクは要注意!?

派手なメイク

産後、全くメイクをせずすっぴんで過ごした!という女性、久々のメイクには注意が必要です!

というのも、久々のメイクで気合が入りすぎて、つい濃くなってしまったり、「それはいつのメイク?」のような時代遅れのメイクになってしまう場合も・・・。

わたしの義姉がそのタイプで、久々のメイクで顔と首の色が違う・・・!という状態になってました。

くれぐれも気合が入り過ぎないよう、気を付けてくださいね~。

さらにもう一つ!

産後はメイクだけではなく、ファッションにも悩むママ、少なくありません。

というのも、ライフスタイルが大きく変化したため、洋服も今の生活にあわせた物を着るべきなんですね。

意外と、クローゼットには洋服はたくさん入っているのに「着る服がない!」という状態に陥っているママ、多いんです!

まずは、断捨離をするのがおすすめ。

服の整理をすることで、意外と見えてくるものがあります!

▼関連記事▼

産後ファッション迷子になりました…着る服がない!を脱却した方法

産後メイクはいつから再開した?体験談

メイク体験

わたしの場合、産後1か月はパジャマ&すっぴんで過ごしました~。

ただし、日焼け止めだけは塗ってました!

とは言っても、UVカット配合の保湿剤を使っていた、というだけです。

朝起きて、洗顔→化粧水→UVカットの保湿剤、という流れ。

特別メイクはしなかったのですが、家の中にいても窓から紫外線は入ってる!という話を聞いて、少しだけ気を付けました。

その後、健診が終わり、産後2か月ぐらいからメイクを再開。

上の子の保育園の送り迎えがあったため、時短メイクをしてました。

化粧水→下地→フェイスパウダー→アイブロウ、という3分メイクです!(笑)

でも、この簡単メイクのおかげで、赤ちゃんがグズってしまい、「散歩に出かけちゃおう!」と思い立ったときでも、サクッと外出できました。

それに、赤ちゃんといっしょに寝落ちしちゃっても枕やシーツにファンデーションが付かずに済みます!

少しずつ、育児に余裕が出てきたころに、アイシャドウをプラス。

さらに、仕事復帰のタイミングでマスカラとチークをプラスという3段階です。

ムリのない範囲でメイクをして、紫外線対策や自分の気分で変えたりした、という感じです。

メイクは毎日ガッツリしなくても、時と場合にあわせて楽しめればいいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました