授乳中にキムチを食べると母乳も辛くなる!って本当!?

キムチ 産後ママ

授乳中にキムチを食べると、母乳の味やニオイが変わって、赤ちゃんが飲まなくなったり便秘しちゃうこと、あるんでしょうか?

実は、「キムチなどの辛いものを食べると母乳も辛くなる」というのは、科学的な根拠はないんです!

つまり、授乳中でもキムチなどの辛いものは食べても大丈夫なんです。

ただし、キムチはご存じの通り漬物の一種。

塩分がたくさん含まれているため、食べ過ぎるとむくみが気になっちゃいます。

また、刺激物ですので、ママの胃に負担がかかりすぎることもあります。

母乳のためだけではなく、ママ自身の美容と健康のためにも、くれぐれも食べ過ぎないように適量を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

授乳中に辛いものを食べてもOK!

キムチ鍋

授乳中でもキムチやカレー、わさびや唐辛子などの辛いもの、食べたくなることありますよね~。

ですが、「辛いものを食べると母乳も辛くなるよ!」「赤ちゃんが飲まなくなる」「赤ちゃんが下痢になっちゃう」などなど、不安になるような話、聞いたことがあると思います。

実は、「辛いものを食べると母乳も辛くなる!」というのは、科学的な根拠はないんです!

母乳は血液から作られていますが、ママが何を食べてもある程度、母乳の成分は一定になるように仕組化されているんです!

人の体ってすごいですね。

とはいえ、辛いものやニオイがきついにんにくなどを食べると、母乳に多少は移行しちゃうこともあります。

母乳の味の変化に敏感な赤ちゃんは、飲まなくなっちゃうこともあるんです!

「うちの子は神経質だな・・・」と感じるママは、辛いものはなるべく控えるようにしたり、授乳のあとに食べるようにするといいかもしれませんね。

ただ、辛いものを食べすぎると、母乳だけではなくママの体へ負担をかけることがあります。

辛いものを食べすぎたり、辛すぎるものを食べると、お腹をこわしちゃうこと、あるんですよね~。

わたしも昔、激辛の火鍋を食べて、大変なことになったことがあります・・・!

母乳のためだけではなく、自分のためにも、辛いものはほどほどにしたいですね。

授乳中にキムチは食べてもOK!ただし塩分に注意

キムチ

授乳中でも、食べ過ぎたりしなければ、キムチは食べてもOKです!

それに、キムチは発酵食品ですので、植物性の乳酸菌がたくさん含まれています。

ヨーグルトに含まれている動物性の乳酸菌よりも強いため、より、生きたまま腸に届くと言われています。

便秘に悩んでいるママは、試してみたい食品の一つですね。

ただし、ご存じの通りキムチは漬物の一種。

塩分もたくさん含まれていますので、食べ過ぎるとむくみも気になってしまいます。

食べる量は、箸休め程度、小鉢一つ分ぐらいまでにしてくださいね。

できれば、塩分控えめのキムチや辛すぎないキムチを選ぶのもいいですね。

スポンサーリンク

授乳中に辛いものを食べるときのコツ

ミネラルウォーター

食べ過ぎない

授乳中ってお腹が空くため、ついつい食べ過ぎちゃうこと、あると思います。

ですが、キムチなどの辛いものを食べすぎると、ママの胃へ負担がかかりすぎてしまったり、塩分のとりすぎでむくみがひどくなることもあります。

キムチを食べるときは最初から小鉢などに取り分けて、食べる量を決めておくと食べ過ぎ防止になります。

水分をたくさん摂る

もし、辛いものを食べすぎちゃったな・・・というときは、水分を多めにとってみて。

水分をたくさんとることによって、塩分などの余計なものを体外へ排出することができます。

さらに、水分を多めにとることでお腹が膨れるので、食べ過ぎ防止にもなります。

授乳中は喉も乾きやすいので、こまめに水分補給してくださいね。

バランスよく食べる

いくら辛いものが食べたい!からと言って、毎日キムチを食べるのはおすすめできません。

ママの美容と健康のためにも、やっぱりバランスよく食べるのがいちばんです!

食事は1週間の中でバランスを調整できればOK!と言われていますので、食べ過ぎちゃったな・・・という翌日は、野菜たっぷりのあっさりとした食事にするなど、ムリのない範囲で工夫できれば大丈夫です。

どうして授乳中に辛いものが食べたくなるの?

キムチ鍋

授乳中はどうして辛いものが食べたくなるんでしょう?

「食べちゃダメ!」と思うほど、食べたくなっちゃうんですよね~。

実は、辛いものを欲するときは、脳がストレス解消を求めている、と言われているんです。

辛いものを食べると、口の中がピリッとした刺激でいっぱいになりますよね?

この刺激によって、ストレスが和らぐと言われているんです。

たしかに、辛いものを食べると、イライラした気持ちなんかを一瞬、忘れることが出来ますね。

育児はストレスの連続。

言うことを聞いてくれない赤ちゃんと一日中過ごすのって、すごく大変ですよね。

辛いものが無性に食べたい!というときは、ストレスが溜まっているのかも。

ガマンし過ぎず、適量を食べて、少しでもストレスを解消できるといいですね。

まとめ

授乳中でも、キムチは食べても大丈夫です!

辛いものを食べたからと言って、必ず母乳に悪影響がでる!というワケではないんですね。

ただし、キムチは塩分が気になりますね。

もちろん、キムチの乳酸菌など、いい面もありますが、食べ過ぎるとむくみが気になっちゃいます。

ママの美容と健康のためにも、やはり適量を食べるのがいちばん。

最初から小鉢に取り分けて、水分を多めにとるようにしながら食べると、食べ過ぎ防止になります!

キムチ鍋のように、たっぷりの野菜や豆腐、きのこなどといっしょに食べるのもアリですね!

たまごを入れるとマイルドになり、タンパク質もとれるのでおすすめです。

ママだから・・・とガマンし過ぎず、美味しいものを楽しみたいですね。

▼関連記事▼

授乳中のカレーはダメ?食べるときのコツや赤ちゃんへの影響を解説!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました