授乳

ワーママ

寝る前の授乳はいつまで?夜だけ授乳は出なくなる!って本当!?

お昼寝や夜寝る前の寝かしつけの授乳、いつまで続けるべきか?悩むことありますよね。 特に、1歳を過ぎるとまわりも断乳をし始めたりするので、焦ることも。 ですが、授乳リズムは親子それぞれですので、まわりと比べなくても大丈夫! 断乳に自信がない、したくない…と考えてるママは、卒乳まで寝かしつけの授乳を続けても大丈夫ですよ。 とはいえ、本当に母乳なしで眠れるようになる日が来るのか?なんて考えちゃいますよね。
産後ママ

授乳中に甘いものはどれくらい大丈夫?目安と低カロリーにするテク

授乳中だけど無性に甘いものが食べたい! でも、授乳中に甘いものを食べすぎると「母乳が詰まる」「母乳がドロドロになる」って聞くけど、絶対に食べちゃダメなの・・・?と疑問に思いますよね。 授乳中でも、甘いものは食べてもOKです! ですが、母乳のためだけではなく、ママの健康と美容のためにも食べ過ぎには気を付けたいですね。 授乳中に甘いものを食べても大丈夫な量の目安や、少しでもカロリーをおさえる方法をご紹介します! 授乳中でも、甘いものを食べて、日々の育児ストレスを少しでも軽減してくださいね!
産後ママ

母乳は甘いもので詰まる!はウソ!?科学的根拠はない…の本当の意味

よく、授乳中は「甘いものや油っこいもの、乳製品を控えて、和食中心のあっさりとした食事をしましょう」と言われますよね。 実際、ケーキやから揚げを食べて「母乳が詰まった!」という経験をしたママもたくさんいます。 わたしも、一発で詰まった経験があります・・・! ですが逆に、何を食べても母乳トラブルは起きなかった!といううらやましいママも。 そこで! 「甘いものと母乳の関係」を調べてみたところ、「甘いものや油っこい食事が原因で母乳が詰まるという科学的根拠はない」という記事を発見!
産後ママ

授乳中に甘いものをドカ食いしちゃう止まらない!二児の母の対策6選

妊娠前や妊娠中は、さほど甘いものが好きだったわけではないのに、産後は無性に甘いものを食べたくなるようになった!という女性、意外と多いんです。 わたしも二児の母で、甘いチョコレートやケーキよりもしょっぱいおせんべいの方が好きでした。 でもなぜか、産後は甘党になってしまい、「食べちゃダメ・・・」と思いながらも甘いものをよく食べてました。 ですがわたしの場合、甘いものを食べるとすぐに母乳が詰まりしこりが出来てしまうタイプだったため「このままではまずい・・・!」と思い、いろいろと試行錯誤しながら、甘いものを食べたい欲望と戦ってました! 「食べちゃダメ・・・」と思うほどストレスが溜まってしまい、ドカ食いの原因になってしまいますので、「あんこ」や「さつまいも」などで甘いものを食べたい欲求を満たしてました! また、育児ストレスも原因ですので、ストレスを溜めない、できるだけ発散する機会を作る!というのも大切です。
産後ママ

母乳とカフェインの関係とは?夜泣きの原因は実は他にあった!

赤ちゃんが夜泣きをして夜に何度も目覚めたり、寝つきが悪かったりすると、「もしかして昼間に飲んだコーヒーが母乳に影響してる?」と思っちゃいますよね。 ですが、授乳中でもコーヒーは1日2~3杯飲んでもOK!と言われています。 わたしも二児の母で、特に下の子が1歳過ぎてからも夜泣きが続いて苦労したため、自分なりにいろいろとリサーチしてみました! すると、 ・カフェインが母乳に移行する割合は1%ほど ・カフェインが赤ちゃんに与える影響は実はわかっていない ということが判明しました! それに、夜泣きって、 ・赤ちゃんの成長に必要なこと ・添い乳が原因の場合もある ということが、調べてみてわかりました!
産後ママ

授乳中のカフェオレは飲んでもOK!でも市販はお砂糖と乳脂肪に注意

授乳中でも、カフェオレ飲みたくなりますよね~。 ただ、気になるのがカフェイン。 カフェインの影響で、赤ちゃんが寝なくなったらどうしよう・・・!と不安になっちゃいますよね。 ですが、授乳中でもコーヒーは1日2~3杯飲んでも大丈夫です! それに、カフェオレはコーヒーに牛乳を加えていますので、カフェインの量は約半分ぐらいになるんです。 カフェインを気にししてガマンするよりも、ママがリラックスする時間を作って過ごすことのほうが大事です! ただし、市販のカフェオレは甘すぎるので、あまりおすすめできません。 自宅で美味しいカフェオレを作る方法をご紹介しています。 牛乳の他、豆乳やアーモンドミルクで作るカフェオレも、一味違っておすすめです! お砂糖なしでも、シナモンやメープルシロップで美味しくなります!
産後ママ

授乳中のチョコレートが止まらない!カフェインは少ないけど虫歯注意

授乳中はお腹が空くし、慣れない育児でストレスも溜まるため、無性に甘い物が欲しくなっちゃうこと、あります。 「ダメだな・・・」とわかっていても、ついつい手が出ちゃうのがチョコレート! つい食べ過ぎてしまい罪悪感にさいなまれたり、逆にガマンし過ぎてストレスになってしまったり。 授乳中はチョコレートとの付き合い方、難しいですよね~。 カフェインが母乳を介して赤ちゃんに与える影響や、チョコレートの食べ過ぎによるママの乳腺炎も気になるところです。 ですが、チョコレートはコーヒーに比べるとカフェインの量は少ないんです! さらに、特定の食べ物が母乳に与える影響って、実はまだわかっていない部分も多いんです。 授乳中はチョコレートは食べちゃダメ!というワケではないんです。 食べ過ぎなければ、授乳中のママでもチョコレートは食べても大丈夫ですし、赤ちゃんや母乳に与える影響も少ないんです。
産後ママ

授乳中にココアは飲んでもOK!カフェインは微量だけど糖分に要注意

授乳中のママでもココアは飲んでも大丈夫なんでしょうか? カフェインは母乳に移行すると言われていますので、飲んでも大丈夫なのか? どれくらいまでなら飲んでもいいのか?気になりますね。 授乳中のママは、1日に2~3杯ほどならココアを飲んでも大丈夫です! コーヒー1杯に比べると、ココアに含まれるカフェインの量は10分の1以下と微量。 授乳中でも、コーヒーは1日2~3杯飲んでもOK!と言われていますので、ココアはカフェインをあまり気にせずに楽しめますね。 ですが、注意したいのが糖分の量。 甘いココアには糖分がたくさん含まれているため健康への影響が気になります。 さらに、産後ママはカルシウムが不足していると言われていますので、甘いココアを飲むときは虫歯にも要注意です!
産後ママ

授乳中はお腹が空く!夜中の間食はするしない?食べていい物&注意点

授乳中はお腹が空きますよね! 夜中の授乳もあるため、夜中に起きて授乳したあと「お腹空いた・・・」と感じることもあります。 お腹が空いたとき、夜食って食べてもいいんでしょうか? 夜食を食べる場合、どんなものなら食べても大丈夫なんでしょうか? おすすめは、おにぎりなどの炭水化物や具沢山のスープです! お腹が減りすぎて気持ち悪い・・・眠れない・・・!という場合は、思い切って夜食を食べてしっかり寝るのがいちばんです。
産後ママ

授乳中はあんこが良い!ってホント?授乳中のお菓子のホントとウソ

授乳中は「母乳の出が良くなるからあんこを食べて!」と義母に毎日のように和菓子を差し入れされた・・・というママもいらっしゃいます。 なぜ、小豆は母乳にいいと言われているんでしょう? そして、ホントに小豆のおかげで、母乳の出が良くなったりするんでしょうか? たしかに、小豆には母乳の質をアップさせる栄養が含まれていますが、小豆だけで母乳の出が良くなるとは限りません。 さらに、「和菓子は母乳にいいから」と食べ過ぎてしまっては、逆に母乳の分泌が多くなり、つまりやしこりなどの母乳トラブルが起こってしまうこともあるんです! 「授乳中はあんこを食べましょう!」というより、「甘い物が食べたくなったら、洋菓子よりも和菓子」という考え方の方がしっくりきます。 特に、お餅を含むおしるこや大福、お団子などはカロリーが高いため、和菓子の中でも食べ過ぎには注意したい食べ物です。
タイトルとURLをコピーしました