母乳は甘いもので詰まる!はウソ!?科学的根拠はない…の本当の意味

ケーキ 産後ママ

よく、授乳中は「甘いものや油っこいもの、乳製品を控えて、和食中心のあっさりとした食事をしましょう」と言われますよね。

実際、ケーキやから揚げを食べて「母乳が詰まった!」という経験をしたママもたくさんいます。

わたしも、一発で詰まった経験があります・・・!

ですが逆に、何を食べても母乳トラブルは起きなかった!といううらやましいママも。

そこで!

「甘いものと母乳の関係」を調べてみたところ、「甘いものや油っこい食事が原因で母乳が詰まるという科学的根拠はない」という記事を発見!

「油っこい食事でおっぱいが詰まる」はウソ!? マンガでわかる“乳腺炎”の原因や予防法
「油っこいものや甘いものを食べるとおっぱいが詰まる」「乳腺炎には根菜やハーブティーが効く」そんな話を聞いたことがありますか? 実はこれらに科学的な根拠はありません。乳腺炎の原因や予防法、対処法について産婦人科医師と小児科医師が解説します。

ちょっと驚いてしまったのですが、よ~く読んでみると「科学的根拠がない」つまり「まだわかったない」というのがホントのところのようです。

スポンサーリンク

母乳は甘いもので詰まる?結局は体質!?

フルーツケーキ

ショートケーキやから揚げを食べたら、一発で母乳が詰まってしまった!という話、聞いたことがありますよね。

わたしも母乳が詰まりやすい体質だったため、しこりや乳腺炎を経験したことがあります。

でも最新の研究では「特定の食べ物で母乳が詰まることはない」と言われています。

う~ん。

じゃあ、どうしてわたしの場合、ケーキを食べた日に乳腺炎になっちゃったんだろう?と疑問です。

一説には、「ケーキなどを食べるのは来客があったとき。いつもより授乳間隔が空いたり、赤ちゃんも緊張して母乳の飲みが悪かった」とのこと。

わたしの場合、家族と自宅でケーキを食べたので、授乳の間隔はいつも通りでしたし、赤ちゃんが緊張してしまうような環境でもなく、あてはまらないんですよね~。

どう振り返っても、ケーキが原因だった!としか思えないんです。

結局は、体質なんだろうな・・・と個人的には思いました。

授乳中の甘いものはいつまで控える?

ケーキ

授乳リズムが安定するまで

乳腺炎になってしまういちばんの原因は「母乳がたまってしまうこと」なんです。

産後数か月は、ママの母乳の生産量も安定せず、赤ちゃんもまだまだ母乳をたくさん飲むことができません。

そんな中、甘いものや油っこいものなど、高カロリーの食べ物を一気に食べてしまうと母乳もたくさん作られてしまいます。

赤ちゃんが飲む量よりも母乳がたくさん作られてしまい、母乳が残ってしまうとうっ滞してしまい、しこりや乳腺炎の原因になってしまうんですね。

ということは、母乳の量=赤ちゃんが飲む量、と安定するまでは、食べ物には気を付けたほうがよさそうです。

わたしも、産後3か月ぐらいまではケーキなどはガマンしてました!

でも、アイスが好きで、ガマンするとストレスになっていたので半分だけ食べるなど、一気に食べないように気を付けていたら、母乳トラブルも起きませんでした。

スポンサーリンク

乳腺炎を予防しつつ甘いものを食べるコツ

甘いものとお茶

水分をたっぷり摂る

甘いものに限らず、揚げ物やラーメン、カレーなどを食べるときも、いつもより水分を多めにとると安心です!

というのも、母乳の主成分は水分なんですよね。

母乳の出をスムーズにして、ママも脱水にならないためにも、授乳中の水分補給は必須!なんです。

授乳中は2~2.5リットルの水分を摂るよう推奨されています。

もちろん、一気に飲む必要はありませんので、こまめに食事といっしょに水分をとると、意外と達成できちゃいます。

さらに、水分をたくさん摂ると食べ過ぎも防止できます。

食べ過ぎない

母乳のためだけではなく、ママの健康と美容のためにも、甘いものの摂りすぎは良くないですよね。

たとえば、お菓子一箱を目の前に置いておくと、ついつい全部食べちゃった!なんてことになります。

食べ過ぎないためにも、食べる量を決めて、食べる分しか出さない!という心がけは重要です。

それに、虫歯も心配です。

産後ママはカルシウムが不足していると言われていますし、育児中はゆっくり歯磨きする時間もなかなか取れませんよね。

時間がないときは、うがいだけでもOKですが、甘いものを食べたら歯のケアもしっかりしてくださいね。

母乳にいい甘いものを食べる

甘いものの中でも「あんこを使った和菓子」「さつまいも」は母乳にいいと言われています。

小豆に含まれている「サポニン」という成分が、母乳にいいと言われています。

さらに、小豆もさつまいもも食物繊維が豊富ですので、ママの健康にも良さそうですよね。

健康や美容を意識した食べ物を選ぶのは、母乳だけではなく、ママのためにもなりますね。

▼関連記事▼

授乳中に甘いものが食べたい!我慢し過ぎず適量で母乳の質アップ!

まとめ

授乳中は「甘いものや油っこいもの、乳製品を控えて、和食中心のあっさりとした食事をしましょう」と言われますよね。

ですが、特定の食べ物が母乳に与える影響、ホントはよくわかっていない部分が大きいんです。

母乳のしこりや詰まりなどのトラブルは、「母乳過多」が原因のことがほとんど。

母乳の生産>赤ちゃんが飲む量、になってしまうと乳腺炎などのトラブルが起きてしまうんですね。

あのとき「チョコレート食べたから・・・」と必要以上に自分を責める必要はありません!

もちろん、食べ物に気を遣うことは大事ですが、甘いものをガマンしすぎず、ホッとできる時間を作るのことの方が、育児では大切です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
産後ママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました