保育園の連絡帳は毎日書くべき?書かない親もいる!って本当?

連絡帳 保育園

保育園の連絡帳、特に「家庭での様子」を記入する自由欄は何を書けばいいのか、意外と頭を悩ませますよね。

「何か書かなきゃ!」とプレッシャーになってしまうことも。

でも実は、毎日連絡帳を書かない親も…!?

各家庭、どんな風に連絡帳を活用しているのか、気になりますよね。

実は連絡帳は、「連絡事項があるときだけ書く」というスタイルでもOKなんです!

ご家庭によっては、毎日書くのが難しい状況もありますね。

それに、口頭でコミュニケーションを取れていれば、毎日詳細に書かなくても大丈夫なんです。

こまち
こまち

わたしは先生とのやりとりが好きで、楽しんで連絡帳を書いていたタイプです!

でも、寝坊したり時間がないときは「元気です」「特に変わりないです」という一言で済ませていました~。

スポンサーリンク

保育園の連絡帳書かない親も…?

白紙の連絡帳

保育園の連絡帳の使い方は「各家庭次第!」というのが結論です!

「家庭での様子」とか「自由欄」と書かれている項目は、毎日書かない親御さんもいらっしゃいます。

子供の体調や体温・お迎えの予定時刻など、最低限の項目が埋まってれば実はOKなんです。

家庭によって、状況はさまざまですよね。

  • フルタイムの勤務でたまに残業もあり忙しい
  • 保育園に子供を3人通わせている
  • 連絡帳に毎日書くことが思いつかないし負担

仕事が忙しかったり、子供が何人もいたりすると、連絡帳をじっくり書く時間は無いですよね。

そのあたりは、保育士さんもよくわかってらっしゃるので大丈夫なんです!

もう一方で、連絡帳を書く時間はあるけれど、毎日書くこと無いし、連絡帳に時間を取られてしまうぐらいなら少しでも休みたい!という考えの方も。

連絡帳は、基本何か伝えなければいけないことがあるときだけ書く!というスタンスでもOKなんです。

子供の体調不良やお休みの予定、育児で何か気になることがある場合など。

連絡帳は、なかなか送迎時に先生とゆっくり話すことができなくても、先生とのコミュニケーションに役立ちます。

ですが、だからと言って連絡帳が負担になってしまっては本末転倒。

さすがに空白は…と思うなら、「元気です」「いつもと変わりありません」という一言でもOKなんです。

保育園の先生は連絡帳は何に活用している?

連絡帳

子供の好きなことや週末にお出かけした話などが書かれていると、保育士さんは子供とのコミュニケーションのきっかけになるんです。

好きな絵本や歌を保育に取り入れてくれる場合もありますし、「〇〇が好きなんだね」と話しかけるきっかけに。

そのため、毎日書いてるよ!という方は、気にせずそのままのスタンスでOK!

わたしはどちらかと言うと、保育士さんとのコミュニケーションが好きで連絡帳は楽しく書いてました。

特に、まだ子供自身が会話でコミュニケーションできな乳児クラスだと、連絡帳でのやりとりで保育園での様子がわかりますよね。

ですが連絡帳に何も書いてなくても、保育士さんは特に困りません。

スポンサーリンク

保育園の連絡帳は見栄を張らなくて大丈夫

連絡帳

連絡帳はみんなどんなこと書いてるんだろう?というのは気になりますよね。

毎日たくさん書きすぎると、もしかして保育士さんお返事書くの負担になってるのでは?

と、心配になったり。

逆に、連絡帳を書いてないと、子供に興味が薄い親だと思われたらどうしよう…と、

いろいろ気になりますよね。

基本、保育士さんは相手に合わせていますので、返事を書くのは負担じゃないですし、むしろ連絡帳を読むのを楽しみにしている保育士さんも。

逆に、何も書かれていないから興味がない親…というのは極端ですね。

とはいえ、連絡帳に何も書かれてない上に、送迎時も保育士と会話をする時間がない!という場合、保育に支障をきたす場合もあるんです。

やはり、日頃から家庭と保育園のコミュニケーションは大事ですね。

一つの方法として、連絡帳を活用すると、信頼関係を築くことができますよ。

わたしにとっては、保育士さんは心強い育児の相談相手です。

パパママ自身が負担にならない、家庭にあった方法で連絡帳を書けばOKなんです。

とはいえ、食事や睡眠時間を書く欄、実はちょっとイヤじゃないですか?

ホントはあんまり食べてない日や寝るのが遅くなった日など、ありますよね。

朝、寝坊してしまいパンしか食べてないのに見栄を張って「果物」も書いちゃったり。

ホントは寝たの23時なのに、21時って書いたり…。

でも、見栄を張っても仕方ない部分ですし、子供って意外と家でのこと話しちゃいます。

たとえば先生に「果物って何食べたの~?」と聞かれて、子供が「あれ?朝はパンしか食べてないよ」と答えちゃうこと、結構あります。

仕事も家事も育児もこなさなきゃいけないので、パパママは毎日大変ですよね。

そこをさらに、保育園にありのままを伝えなきゃいけない…というのは気が引けることもあると思います。

でも、見栄を張らなくてもいいですし、子供を通じてバレてしまうことは多々あります。

保育園の連絡帳にまで気を遣わなかやいけないなんて…正直、窮屈ですよね。

ありのままを書いてOK!

まとめ

保育園の連絡帳は毎日書かなければいけないため、ときには負担に感じてしまうこともありますね。

毎日だと、ネタが尽きちゃうことも。

「何か書かなきゃ!」と思うほど、負担やプレッシャーになってしまったり。

でも、家庭支援という役割がある保育園としては、家庭の負担になってしまうのは避けたいところだと思います。

口頭で先生とコミュニケーション取れていれば、毎日しっかり書かなくてOK!

逆に、わたしのように先生とのやりとりを楽しんでいるのなら、今のまま続けてOK。

パパママに合った方法で連絡帳は活用すればいいんです。

▼関連記事▼

保育園連絡帳のネタ6選!書くことない・めんどくさいときの裏ワザも

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
保育園
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました