マザーズバッグはリュック派トート派?二児の母使い分け術を伝授!

抱っこ紐 新生児

少し前まで、マザーズバッグといえばトート派が多かったように感じますが、最近はリュック派が増えたように感じます。

たしかにリュックだと両手が空きますし、トートよりもたくさん荷物が入るのがメリットですよね。

これから赤ちゃんとのお出かけデビューを控えているママにとっては、どんなマザーズバッグを使おうか?ワクワクしながらも悩みますよね。

わたし自身、二人の子供を育ててみて、お出かけ先や子供の成長にあわせてママバッグを使い分けるのがいちばんだな!と思っています。

わたしが実際に持っているバッグとともに、おすすめの利用シーンやNGシーンもご紹介します。

スポンサーリンク

マザーズバッグリュック×抱っこ紐は危険・・・!?

抱っこ紐

抱っこ紐で赤ちゃんを前抱っこしながら、背中にリュックを背負うとかなり肩への負担がかかります・・・!

体の前にも後ろにも、負荷がかかっている状態ですので、バランスも崩しやすく危険!

そのため、抱っこ紐で出かけるときは、リュックよりもトートの方が便利でした。

マザーズリュック×ベビーカーがおすすめ

ベビーカー

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしながら、背中にリュックを背負うのはかなり体への負担がかかっちゃいます。

ですが、ベビーカーでお出かけするときは、リュックの方が便利。

ベビーカーをおすのに、両手が空いている方がおしやすいですからね。

トートでも、ベビーカーにかけちゃえばいいのでは?と思いますが、ベビーカーに荷物をかけすぎちゃうとベビーカーが倒れる危険があるんです!

実はわたしも、何度も荷物を載せ過ぎて、赤ちゃんをベビーカーから下ろした瞬間に、ベビーカーを倒した経験が何度もあります・・・!

ママのリュックって意外と重いんですよね。

そこに、買い物した物をのせると、もう重量オーバーです。

気を付けてくださいね~。

マザーズバッグ大きめトートは遠出にぴったり

遠出

わたしの場合、出産祝いとして友人から大きめのマザーズバッグのトートをプレゼントして頂きました。

デザインも可愛くて気に入ってたんですが、大きすぎてだんだん出番が減ってしまったんです。

ですが、最近また、使う機会が増えました!

それが、旅行や帰省などで遠出をするとき。

ボストンバッグよりも一回り小さめのバッグという感じで、子供たちの着替えや保湿クリームなどを入れるのにちょうどいいんです。

しかも、マザーズバッグは仕切りやポケットがたくさん付いているので、保険証や爪切りなどのこまごましたアイテムなどを収納するのにも便利!

他にも、保育園のママバッグとしても大きめトートは重宝しますよ。

ちなみに、わたしが持ってるのは「マークジェイコブス」のトートです。

生地が柔らかくて気に入っています。

マザーズトート

バッグの外側にもポケットがたくさん付いているのですが、中にも「これでもか!」というぐらい、ポケットが付いています。(笑)

外側は4カ所、内側には5カ所、計9つのポケット付き!

マザーズトートの中

ポケットが多すぎて、たまに「あら、こんなところにティッシュが!」なんてこともあります。(笑)

お値段は高めですが、長く使えますのでおすすめです。

わたしは、上の子のときも下の子の今も愛用してます!

スポンサーリンク

普段使いなら小さめトートが最強

赤ちゃんと散歩

わたしの場合、子供が赤ちゃんのうちは抱っこ紐で散歩や買い物に出かけることが多かったです。

抱っこ紐で出かけると、リュックだと物を出し入れするのが面倒だし、大きいトートや肩掛けバッグは近所に出かけるには不便だし。

そこで、思い切って小さめのバッグを購入したら、使い勝手抜群!

近所に出かける程度なら、おむつやガーゼ、ママのハンカチやティッシュ、それからスマホと財布があればじゅうぶんですよね。

また、バスや電車に乗るときも、小さめトートならすぐにパスモなどのICカードを取り出しやすく便利です。

これは、「グローバルワーク」で見つけたバッグ。

マチが広くて、底が広いため見た目以上に荷物が入ります!

小さめトート

中の収納も3つに分かれていて、真ん中にはファスナーが付いています。

内側にポケットもあるので、スマホやICカード、キーケースなどを入れるのにもぴったり!

小さめトート

あと実は、2wayなのも気に入っています。

肩ひもを付けて肩掛けもできますし、外せば、手で持ってお出かけするのにぴったり。

小さめトート

リュックは1歳過ぎからがおすすめ

歩く赤ちゃん

子供が1歳過ぎというより、靴をはいて歩けるようになると子供の行動範囲が広がるんです。

うちの子たちは、靴で自由に歩けるようになったのがよっぽど嬉しかったようで、1歳半ぐらいでベビーカーも抱っこ紐も卒業しちゃいました。

ですが、まだよちよち歩きの1歳児。

やはり目が離せず危なかったしいんですよね~。

1歳半ぐらいになったら、リュックの方が両手が空いて子供を追いかけやすいのでおすすめです。

子供の行動範囲の広がりといっしょに、ママも身軽に動けたほうがいいんですよね。

1歳過ぎると、子供の荷物も少しずつ減ってきますので、好きなデザインのリュックを選ぶことが出来ます。

ムリにマザーズバッグのリュックじゃなくてもOKですよ!

ちなみに、ノーブランドのリュックを使ってます。

素材が柔らかいのと、形が可愛くて購入しました!

リュック

そもそもマザーズバッグは必要?

そもそも、ママが持つリュックやトートはマザーズバッグじゃないとダメなんでしょうか?

実はわたし、きちんとしたマザーズバッグは出産祝いで頂いた1つしか持ってません。

マザーズバッグ

他は、普通のバッグばかりです。

わたしの場合、

  • トート
  • 小さめのトート
  • リュック

この3つを使いまわしています。

タイプが違いバッグを持っていると、組み合わせて使うこともできます。

たとえば、実家に帰省するために飛行機に乗る場合は、大きいトートとリュックの2つを持っていきます。

そして、大きいトートには予備の着替えなどを入れて、リュックにはお菓子やiPadを入れています。

機内で使うものはリュックに入れて足元に置き、使わないものはトートに入れて手荷物の棚に収納しちゃってます。

たしかに、マザーズバッグは仕切りやポケットがたくさん付いているため、子供のこまごまとした荷物を入れるのに便利です。

ただその分、バッグ自体がちょっと重いんですよね~。

見た目もももちろんですが、使いやすければ普通のバッグでもじゅうぶんマザーズバッグとして機能します。

ただ、個人的に1つはマザーズバッグを持っていると安心かな?と思います。

今人気のリュックはパパと兼用できるデザインも豊富!

さらに、リュックって、中身がごちゃついて重くて小さい物は底へ底へ沈んでしまい、使い勝手が悪いイメージ、ありますよね。

ですが、マザーズバッグならポケットがたくさん付いていて、物を立てて入れられるようになっているため、バッグの中身が整理しやすいんです。

赤ちゃんの成長やお出かけ先にあせて、使いやすいバッグに出会えるといいですね!

それに、ママの気分転換も兼ねて、近所へのお散歩や買い物は重要なんですよね!

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃん母乳をずっと欲しがるのは大丈夫?母乳不足なの?

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
新生児
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました