赤ちゃんの爪切りに大人用はNG!でもいつから使ってOKなの?

新生児の足 新生児

赤ちゃんの小さい爪を切るのってこわくて苦手!という方、多いんですよね。

それに、赤ちゃんの爪切りといえば、はさみタイプが一般的。

はさみタイプで爪切りをしたことがないパパママにとっては、使いづらさを感じるため、さらに苦手意識が芽生えてしまいますよね。

そこで、いつころからはさみ型の爪切りは卒業できて、テコ型(大人が使う一般的な形の爪切り)に移行できるか、気になりますよね。

ピジョンのテコ型の爪切りは、生後9か月ごろからOKとされています。

じゃあ、赤ちゃんが9か月になるまでは、はさみタイプの爪切りでがんばって切るしかないの?と不安に思っちゃいますよね。

どうしても、はさみタイプが苦手な方は、爪やすりを使ってみるの、おすすめですよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの爪切りに大人用はNG!爪やすりの方が安全

新生児の足

赤ちゃん専用のはさみタイプの爪切りは苦手・・・という方、爪やすりを使ってみてはいかがでしょうか?

爪切りバサミに比べると、爪やすりは時間がかかってしまうのが難点です。

ですが、爪を少しずつ削っていくため、比較的キレイに爪の形を整えることができます。

深爪やケガの心配はグッと減りますね。

爪の粉が飛び散るのがイヤだな・・・という方は、ウェットタイプのお手拭きがあると便利ですよ。

ガーゼやコットンを水で湿らせたものでも代用できます。

爪切りバサミ苦手だな・・・と思っている方、ぜひ、試してみてくださいね。

個人的には、ガラス製の爪やすりがイチオシです!

ガラスなら、割れない限り使い続けることができますし、使い終わったあとはサッと水洗いできるので衛生的です。

大小2個セットの爪やすりなら、大きいのは大人用に、小さい方は子供用に使えます。

ただ、わたし自身も爪切りバサミでの爪切り、すごく苦手でした。

ですが、赤ちゃんの爪切りのコツを知ってから、爪切りがラクになりました!

さらに、個人的には爪やすりだけで赤ちゃんの爪をケアするのは時間がかかってしまうため、あまりおすすめできません。

爪切りばさみと爪やすりの両方を併用した方が、短時間で爪切りが済みますし、爪の形もキレイに整うのでおすすめです!

赤ちゃんの爪切りは頻繁にしてあげなきゃいけないお世話の一つですので、ぜひ、コツをつかんでサクッと済むように意識してみてくださいね。

▼関連記事▼

赤ちゃんの爪が痛い!切り方のコツ5選&保湿でキレイな爪を育む

ただ、一つだけ注意して欲しいことが、いくらはさみタイプが苦手だからと言って、家にある大人用の爪切りは絶対に使わないでください。

赤ちゃんの爪は、まだ薄くてもろいため、大人用の爪切りだと、切ったときに余計な負荷がかかってしまうんです。

最悪、爪が割れたり二枚爪になってしまったり、爪がはげたり!というトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

また、赤ちゃんの小さい指先を大人用の爪切りを使うと見えづらいため、指先のお肉を挟んでしまう可能性も!

万が一、出血してしまったら大変ですよね!

ケガ防止のためにも、大人用の爪切りで、赤ちゃんの小さい爪を切るのは絶対にしないでくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの爪切りにはさみタイプはいつ卒業できる?

赤ちゃんのお世話グッズ

赤ちゃん用のテコ型の爪切りは、9か月ごろから使えますので、やはり、それまでははさみタイプの爪切りを使った方が安全です。

いくら、赤ちゃん用のテコ型の爪切りとはいえ、新生児から使うのは早すぎます。

赤ちゃん用のテコ型の爪切りを、新生児の時期に使ったら指を挟んでしまった!というトラブルもあるんです。

はさみタイプの爪切りがどうしても苦手なら、爪やすりを使った方がよっぽど安全です。

しかも、赤ちゃんの爪、一気に全部切ろうとしなくても大丈夫なんです。

あの小さい爪、ケガをさせてしまっては・・・と思うと、意外と爪切りに神経を使って疲れちゃうんですよね。

赤ちゃんの爪切りをし始めると、集中して夢中になり、気づくといつも最後まで爪を切る、という方もいらっしゃると思います。

ですが一方で、いつも爪切りの後半は集中力が切れて疲れてしまい、雑になって失敗しやすい・・・という方は、分けて切った方がおすすめです。

今日は右手、明日は左手、とかですね。

自分にあった方法で、赤ちゃんの爪を切ってあげてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの小さい爪、切るのが大変ですよね。

さらに、爪切りバサミは今まで使ったことがない道具。

はさみタイプの爪切りに慣れるまで、時間がかかっちゃうんですよね。

そのため、月齢が進んでくると、そろそろ大人用の爪切り使ってもいいかな?と思っちゃいますよね。

ですが実際は、大人用の爪切りを使ってしまうと、爪が割れてしまったり深爪したり、指を挟んでしまったりとトラブルを引き起こしてしまいます。

「使いやすいから」という理由で大人用の爪切りを使うのは、あまりにリスクが大きいんですね。

わたし自身も、赤ちゃんの爪切りが苦手で、キレイに切れないな・・・と悩んでいました。

ですが、爪切りバサミと爪やすりを併用することで、かなりキレイに切ることができるようになりました!

しかも、爪切りばさみって一度使い慣れると、意外と快適です。

そのため、小学生になった娘の爪、いまだにはさみタイプの爪切りで切ってます!

慣れってすごいですね。

ただ、使い慣れるまで根気強く失敗を繰り返しながら・・・というワケにはいきませんよね。

深爪ばかり繰り返していると、子供の指の発達に影響すると言われていますし、もし出血してしまっては大変ですしね。

正しい爪切りの方法を知ることが、爪切り上達の近道です!

また、どうしても爪切りが苦手で上達しない・・・という場合は、道具に頼るのも一つの方法です。

お値段は高いですが、思い切って電動の爪やすりを使う、という手段もあります。

▼関連記事▼

赤ちゃんの爪が痛い!切り方のコツ5選&保湿でキレイな爪を育む

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
新生児
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました