妊娠中の楽しみがない!もっと気軽に妊婦生活を送る方法4選

公園 マタニティ

妊娠すると、今まで楽しみだった旅行や温泉、ショッピング、食事も制限され
「全く楽しみが無くなってしまった!」
「ストレスが溜まっちゃう!」と思う女性、意外と多いんですよね。

妊娠=おめでたいこと、ですのでまわりは祝福してくれるんですが、妊娠中の女性は、実は不安やストレスを抱えているんですよね。

なかなか不満に思ってることを言えなかったり、上手にストレス発散できないと、ツライですよね~。

わたしも初めての妊娠は嬉しさ半分、不安半分、そして今までの生活も変わって楽しみが減ってしまった・・・と思ってました。

ですが、まわりの先輩ママをみていて、考え方次第で、マタニティライフはもっと充実したものにできる!ことに気づきました。

  • 生まれてくる赤ちゃんのこと
  • 自由な時間をとことん楽しむ
  • 旦那や友達との時間を大切にする
  • 軽い運動でリフレッシュ

ちょっと視点を変えてみることで、妊婦生活も気楽に過ごすことができました。

スポンサーリンク

Pick Up
▼妊娠中が暇で楽しみがないと感じている妊婦さんへ▼

妊娠中暇すぎる!妊婦の楽しい暇つぶし&二児の母おすすめの過ごし方

妊婦の楽しみ~生まれてくる赤ちゃんのこと

雑誌

妊娠中、生まれてくる赤ちゃんのことを考える時間は、楽しいひとときになりますよ!

ベビー用品を揃える

ベビー用の洋服やスタイ、靴下など、どれもちっちゃくて可愛いですよね~!

ベビー服は見ているだけで楽しくなっちゃいます。

近所にベビー服を取り扱っているお店がある場合、ウォーキングのついでにリサーチに行くのもいいですね。

体調が悪くて出かけられない場合でも、ネットショッピングで人気のベビーブランドをチェックしておくのもおすすめです!

ハンドメイド

お裁縫や編み物などが好きな方は、赤ちゃんグッズをハンドメイドするのも楽しいですよね!

わたしの友人も、スタイやベッドメリーなどを手作りした!と言ってました。

手作りおもちゃもいいですよね。

材料を選んだり、夢中になって手作りする時間は楽しいですよね。

ただ、ハンドメイドが苦手、何か作ってみたいけど、どんなものに挑戦したらいいかわからない!と悩む場合もありますよね。

ミシンが無くても、初心者でも簡単に作れるベビー用品を5つ、ご紹介しています。

ハンドメイドが上達すると、楽しくなっちゃって、フリマアプリに出品してお小遣い稼ぎもした!という方もいます。

▼関連記事▼

産休の暇つぶしに手作りに挑戦!ミシンが無くてもOK簡単小物5選

赤ちゃんとのお出かけスポットをリサーチ

「赤ちゃんが生まれたら、どんなところに遊びに行こうかな?」と考えるのも、楽しいですよ。

ベビー向けのサービスや施設が充実しているホテルをリサーチしておくのもいいですね。

他にも、いっしょにベビースイミングやヨガに通うのも夢がありますよね~。

旅行をしたり、習い事をするのもいいですが、近所の公園や児童館、図書館などもチェックしておくとお出かけのハードルが下がりますよ。

育児雑誌を読む

子育て関連の雑誌には、かわいいベビー服や参考になるコーディネイトもたくさん掲載されていますよね!

ママとのお揃いコーデもワクワクします!

先輩ママの体験談なども、とても参考になりますよ。

子供の名前を考える

生まれてくる子の名前を考えるの、幸せな時間ですよね~。

ネットで名前ランキングをチェックしたり、姓名判断もできるんですよね。

母子手帳に記録をつける

ブログやSNSに妊娠記録を綴るのもいいんですが、母子手帳なら、手書きでずっと残りますよね!

母子手帳に、妊娠の経過を手書きでびっしり書くのが楽しみだった!という妊婦さん、意外と多いんです。

手帳や日記をつけるような感覚ですね。

子供が大きくなったら見せてあげたいですね~。

赤ちゃんが好きな遊びをリサーチ

赤ちゃんはどんな遊びやどんなおもちゃが好きなのか、事前にリサーチして「どんな風にいっしょに遊ぼうかな?」と考えるの、楽しいですよ。

また、赤ちゃんの胎動が感じられるようになり、赤ちゃんがお腹を蹴ったら今度はママが手でお腹をポンと触る、という、とっても手軽な遊びもあります。

ぜひ、やってみてくださいね!

両親学級に参加する

両親学級や母親学級は、赤ちゃんのお世話を勉強するだけではなく、いろんな体験もさせてくれます。

有名なのは、パパがお腹におもりを付けて妊婦さんの気持ちを体験する、ですね。

他にも、最近では参加するとベビー用品のサンプルをもらえる自治体もあるようですね。

また、プレママ同士、交流できる場でもありますので、友だちができる機会にもなるんですよね。

「安心マタニティブック」という本を毎晩読む

知ってる方も多いかもしれませんが、日々の赤ちゃんの成長がわかる、面白い本です。

この本を、毎晩旦那といっしょに読んで「今日も赤ちゃんはこんなに成長したんだ!」と考えるのが日々の楽しみでした。

プレゼントにもおすすめの本です。

妊婦の楽しみ~自由な時間をとことん楽しむ

料理

妊娠中は、赤ちゃんのことばかり考えて、赤ちゃんの準備だけしなきゃいけない!というワケではないんです。

赤ちゃんが生まれると忙しくなっちゃいますので、今のうち、興味があったもの、行きたかった場所、そして思う存分ゴロゴロする!というのもアリなんです。

料理を楽しむ

料理が好きな方は、妊娠中の今のうちに凝った料理に挑戦してみる!というの楽しいですよ。

お菓子作りやパン作りなんかも楽しいですよね。

わたしもそうなんですが、無心で料理を作るのって、意外とストレス発散になるんですよね!

また、気が向いたら、産後に備えて常備菜に挑戦してみたり、手抜き料理を考えてみるのも、おすすめです!

興味があることの勉強

妊娠すると、行動が制限されてしまうため、暇な時間ができてしまうこと、あるんですよね。

ですが、暇な時間こそ、有意義に使いたいですよね!

今まで気になっていたけど、なかなか時間が取れなくて先延ばしにしていたこと、ありませんか?

料理が好きなら、思い切って栄養学を学ぶのもいいですし、仕事のスキルアップにつながるような資格の勉強をスタートするのもいいですよね!

ママになっても自分磨きをし続ける女性、かっこいいと思いませんか?

妊娠中でも手軽に挑戦できる資格や勉強から、一生役に立つ資格まで、女性に人気の資格を徹底リサーチしました!

きっと、挑戦した勉強が見つかるハズです。

▼関連記事▼

産休中の過ごし方は資格の勉強!でも妊娠中でも取れる資格はあるの?

読書、テレビ、ゲーム

安静にしてなきゃいけない妊娠中のお供といえば、読書、テレビ、ゲームは定番ですね!

気になっていた小説やマンガを一気読みするのも楽しいですよね。

妊娠中、なかなか映画館に行くのは難しいと思いますので、自宅でシアター気分を味わうのも面白いですよ。

ゲームをやりこむのも、楽しいですよね~。

美容院やマッサージ

産後はなかなか美容院に行けないため、今のうちに美容院で髪のケアを徹底的にしてもらう!というのも大事ですよ。

また、伸びることを考えて「思い切ってショートに挑戦する!」というのもアリですよ~!

あとは、温泉や岩盤浴が好きだった方、なかなか行けなくてさみしいですよね。

ですが、代わりにマタニティ専用のマッサージに通うの、おすすめですよ。

妊娠中は、腰痛や足のむくみなど、トラブルも多いですからね~。

新しいリフレッシュ方法を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

家カフェ

好きな音楽を聴きながら、好きな飲み物を用意しておうち時間をまったり楽しむ。

贅沢ですよね~。

わたしもスーパーでいろんなお茶を買ってきて自宅で飲み比べするのが楽しかったです。(笑)

渋いですが、黒豆茶とか、好きです。(笑)

よく無印良品で「ルイボス&黒豆茶」や「だったんそば茶」を買って飲んでました!

まずはペットボトルで試し飲みをして、気に入ったらパックを購入する!という方法がおすすめです。

ホットでもアイスでも、美味しく頂けます~。

ノンカフェイン

あと、個人的におすすめなのが「ごぼう茶」です。

母乳にもいいと言われていますので、産後、母乳育児を考えている方、今から飲んでみてはいかがでしょうか?

妊娠中に、ぜひお気に入りの飲み物を探してみてくださいね!

マタニティウェアを工夫する

妊娠すると、今まで好きだった洋服が着れなくなり、ショッピングの楽しみも無くなっちゃいますよね~。

ですが、「マタニティウェアを着なきゃいけない」という考えに縛られなくてもいいんです!

たしかに、体にフィットするようなキレイめなお洋服は、着れなくなっちゃいますよね。

ですが、ワンピースやチュニックなど、工夫すればマタニティウェアに大変身します!

今までとは違う系統、可愛いお洋服を楽しむのも、いいもんですよ~。

しかも、マタニティウェアじゃないので、産後も着ることができるので、一石二鳥です!

普段、行かないようなお店を覗いてみるのも楽しいですよ。

つわりが落ち着くと食欲がアップする!?

妊娠初期はつわりで食べられなかったけど、つわりが落ち着いたらご飯が美味しくて仕方ない!という妊婦さん、多いです。

もちろん、食べ過ぎには気を付けなきゃいけませんが、過度に制限する必要はありません!

つわりを乗り越えたご褒美に(!?)、食べる楽しみを実感してみてください!

行きたいお店を調べて計画を立てるのも楽しいですよね~。

妊婦の楽しみ~旦那や友達との時間を大切にする

カフェ

赤ちゃんが生まれると、どうしても赤ちゃん中心の生活になります。

そのため、気軽に友達と出かけたり、焼き肉や鉄板焼き、落ち着いた雰囲気のレストランなど、行けなくなっちゃいます。

今のうち、大人だけの時間を楽しんでくださいね!

友達と出かける、家に招く

妊娠すると、友人と夜に出かける機会は減っちゃいますよね。

ですが、ランチやカフェなどまったりおしゃべりする女子会なら妊婦でも誘ってもらえますよ!

ただし、誘ってもらうのを待つだけではダメです!

友人たちは気を遣っていると思いますので、妊婦のほうから声をかけた方がいいんです。

友人たちから、妊婦の体調の良し悪しはわかりませんからね。

あと、お店探しも積極的に申し出ると、いいですよ。

今まで、あまり行ったことがなかったホテルブッフェを楽しんだり、有機野菜のランチプレートを食べるのも、いいですよね。

また、友人を自宅に招いて、時間を気にせずおしゃべりする!というのも楽しいですね。

旦那とデート

赤ちゃん生まれたら、しばらく旦那さんと二人でデートは出来ません。

今のうちに、行きたいところをリストアップしてお出かけを楽しみましょう。

わたし自身も、

  • ディズニーシー
  • ジブリコンサート
  • アウトレットモールで買い物
  • 露天風呂付き客室に宿泊

と、満喫しました!

お出かけの計画を立てるのも、楽しいですよね~。

実際に、妊娠中にお出かけしてみた感想は、別の記事で詳しくレビューしています。

ぜひ、旦那さんと妊娠中にデートする場所を探す参考にしてみてくださいね!

▼関連記事▼

妊娠中のデートにおすすめスポット4選!妊娠後期に実際に行った場所

妊婦の楽しみ~軽い運動でリフレッシュ

公園

妊娠の経過が良く、主治医からOKが出ていれば軽い運動をするとストレス発散!になります。

ウォーキング

妊娠中の運動といえば、ウォーキングがいちばん手軽ですよね。

季節によっては、近所の桜、新緑、紅葉などを楽しみながら歩くのもおすすめです。

特に、桜は日本全国どこにでもありますので、近所の穴場スポットを発見できるかも!しれません。

マタニティヨガ、ビクス、アクア

今のうち、マタニティ専用の運動でジムデビューするの、アリですよ。

ベビーといっしょに通える場合もありますし。

また、産後ダイエットにも役立つかも!しれません。

ジムはちょっと・・・という方、自宅でも運動することはできますよ。

実は、わたし自身も通うのは面倒に感じていたため、自宅でマタニティヨガをやってました。

DVD付きの本を一冊購入して、自分のペースでマタニティヨガを楽しみました。

マタニティヨガはジムに通わなくても自宅でできますので、いちばん手軽な運動です。

それに、ウォーキングに行けない日のかわりに、室内運動としてもおすすめですよ!

YouTubeの動画でもじゅうぶんです。

その他、マタニティヨガ以外でも運動不足を解消する、手軽な運動をご紹介しています。

意外とがんばらなくてもOKなんです!

▼関連記事▼

臨月だけど運動してない!運動不足を解消するおすすめ室内運動3選

掃除

家がキレイになると、気持ちいですよね。

妊娠中は、自宅で過ごす時間が増えますので、収納や家事動線を見直すのもおすすめ。

お部屋がキレイになったら、インテリアを考えるのも楽しくなりますよね~。

妊娠中は楽しみがないと思ってた!まとめ

カフェデート

妊娠すると、体調不良の日が続いたり、行動が制限されてしまうため、「妊婦はつまらない」「楽しくない!」なんて思ってしまうこと、ありますよね。

それに、あまりにも暇でやることがないと、自分だけ社会から取り残されているような、そんな孤独感を感じちゃうことも。

たしかに、つわりでしんどいときは動けなくてさみしさを感じてしまいますが、考え方を変えると、思う存分ゴロゴロできるのは、実は今だけ!だったりするんです。

安静にしているときでも、ベビー用品を眺めて幸せな気分になったり、気になってた本やテレビを観てストレス解消することだってできます。

ムリに「マタニティライフを有意義に!楽しまなきゃ!」と思わなくても、大丈夫。

ファッションも、工夫することで今までとは違う系統の洋服を着る楽しさだってあります。

妊娠中でも、体調が良ければ今まで通り仕事も遊びもできます。

むしろ、適度な運動がいい場合もありますしね。

妊娠して、出来なくなってしまったことを考えるよりも、新しい楽しみを見つけてみたり、今まで知らなかったことに挑戦してみたり、実は、新しい視野が広がるチャンス!かもしれません。

▼関連記事▼

妊娠中お腹の赤ちゃんにいいことはママのストレス発散にもなる!

妊婦の気分転換に!マタニティブルーの気晴らしに育児から離れる!

妊娠中に後悔したこと4選!産後に備えてやっておけばよかったこと

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
マタニティ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました