妊娠中お腹の赤ちゃんにいいことはママのストレス発散にもなる!

妊婦 マタニティ

お腹の赤ちゃんにいいこと=胎教
が、思い浮かびますよね。

わたしも妊娠中は、よく音楽を聴いていました。

ですが、クラシック音楽やオルゴールなど、ジャンルにとらわれず、気分にあわせて好きな音楽を聴くようにしてました。

たまには歌を歌いながら家事をすると、ストレス発散にもなりますよ!

「赤ちゃんにいいこと」ばかりにこだわらず、ママも楽しくストレスを溜めないことのほうが大事だな、と二回の妊娠を経験して実感しました。

スポンサーリンク

妊娠中におすすめ!赤ちゃんにいいこと4選

妊婦

音楽を聴きながら、ママも歌ってストレス発散!

胎教といえば、クラシック音楽やオルゴールなど、ゆったりした曲を思い浮かべますよね。

もちろん、自宅でまったり読書をしたりお茶をしているときは、ママもリラックスできる音楽を聴くと気持ちが落ち着きますよね。

ですが一方で、眠くなっちゃうんですよね~!(笑)

特に、家事や出産準備など、やらなきゃいけないことがあるのにクラシック音楽で眠くなってしまっては、はかどりませんよね。

個人的に、胎教=クラシック音楽じゃなくても、OKだと思ってます!

家事をしなきゃいけないときは、ノリノリの曲で気分をあげたほうがはかどるなら、そっちのほうがいいと思います。

歌いながら家事をすれば、ストレス発散にもなります!

「赤ちゃんのため」とこだわりすぎなくても、自分のストレスも発散するの、大事ですよ。

パパやきょうだいが話しかける

胎教と一言に言っても、音楽だけじゃないんですよね。

ママだけじゃなく、パパや上の子など、家族もお腹の赤ちゃんに話しかけるの、大事なんだそうです。

「最強母乳外来」という本に書いてあったのですが、パパが生まれてすぐのわが子を抱っこしたとき、泣かずに安心している様子の赤ちゃんと、ものすごく泣いてしまう赤ちゃんの2パターンに分かれるんだそうです。

泣かれちゃうパパと、安心して抱っこさせてくれるパパとの違いは、ズバリ、妊娠中にどれだけお腹の赤ちゃんに語りかけていたか?なんだそうです。

お腹の赤ちゃんに話しかけることを恥ずかしがる男性も多いようですが、赤ちゃんとの生活をスムーズにスタートさせるためには、話しかけるの重要なんですね。

ちなみに、うちの旦那さんは「恥ずかしい」とかはなく、暇さえあれば話しかけてました~。

おかげで(?)、二人の子供たちはパパが大好きです。

胎児ネームを決めると話しかけやすくなる

お腹の赤ちゃんに話しかけるの、恥ずかしいな・・・、何話していいかわからない・・・という方もいらっしゃいますよね。

実は、わたしも何を話しかけたらいいかわからないタイプです。

ムリに話しかけなくても、音楽をかけたり歌を歌うだけでもじゅうぶんです。

ですが、胎児ネームを決めると、断然話しかけやすくなります!

旦那さんといっしょに考えるの、楽しいですよ~。

スポンサーリンク

規則正しい生活

妊娠中って、眠くなるんですよね~。

仕事を辞めたり、お休みにはいったりすると、昼間の時間も自由なので、いつでもお昼寝できちゃいますよね。

もちろん、眠気をガマンせず、適度に昼寝を取り入れてスッキリするのは大事です。

ですが、家にばかりいると、ついつい寝過ぎちゃうこと、あるんですよね~。

お昼寝し過ぎちゃうと、夜眠れずそのまま夜更かししてしまったり。

油断すると、昼夜逆転の生活になりかねないんですよね。

ですが、お腹の赤ちゃんのためにも、規則正しい生活は大事だと言われているんです。

不思議なことに、妊娠中に夜更かしした赤ちゃん、夜なかなか寝ず、夜泣きも多いんだとか。

一方で、夜早く寝て、規則正しい生活をしていた妊婦さんの赤ちゃんは寝つきがよく、夜泣きも少ないそうです。

ママの生活リズムは、お腹の赤ちゃんにも影響するんですね。

実際、わたしも一人目妊娠中はかなり不規則な生活をしてました。

もちろん、その子の体質もあるかもしれませんが、寝かしつけに苦労した記憶があります。

一方、二人目妊娠中は、上の子といっしょに夜早く寝る生活をしていました。

これがよかったのが、下の子は寝つきがよく、かなり助かりました~。

今日からでも、生活リズム見直してみてくださいね。

妊娠中赤ちゃんにもママにもいいこと!まとめ

リラックス

妊娠中からできる赤ちゃんのためになることといえば、胎教が思い浮かびますよね。

クラシック音楽やオルゴール音楽など、ゆったりした曲を聴かせてあげたり、絵本の読み聞かせもいいと言われていますよね。

ただ、ゆったりした音楽ばかりかけていると、眠くなっちゃうんですよね~!

たまには、好きな音楽を聴きたい!と思うなら、そうすればいいんです。

好きな音楽を聴いて歌を歌えば、ストレス発散にもなりますからね。

ママのストレスを溜めないことの方が、胎教よりも大事だと思います。

あとは、産後の生活のためにも、規則正しい生活はしておいた方がいいですよ。

わたしも、一人目妊娠中は1日に2回もお昼寝をして、グータラ過ごしてました。

夜なかなか寝付けなく、夜更かししてしまい、結局昼間に眠くなる・・・という負のループにはまってしまったことがあります。

出産は体力も必要ですし、グータラばかりせず、もっと運動しておけばよかったな・・・と思います。

体を動かすと、気持ちいいですしね。

それに、妊娠中って意外とやらなきゃいけないこと、やっておいた方がいいこと、たくさんあります。

もちろん、お腹の赤ちゃんのことを思って過ごす時間は大切ですが、自分の時間も大事にしてくださいね。

もっと気楽にマタニティライフを過ごす方法をご紹介しています。

▼関連記事▼

妊娠中の楽しみがない!もっと気軽に妊婦生活を送る方法4選

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
マタニティ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました