添い乳のあとげっぷはどうする?起こす?二児の母おすすめの方法

新生児の寝顔 新生児

添い乳で寝かしつけをした赤ちゃん、げっぷをせずに寝てしまった場合、どうしたらいいのか悩みますよね?

わざわざ起こす?

それとも、そのまま寝かせる?

吐き戻しが多い赤ちゃんは、母乳でもゲップを出してあげたほうがいい!と言われますが、せっかく寝かしつけた赤ちゃんを起こすのはかわいそうですよね。

うちの子も、特に下の子が吐き戻しが多いタイプで「添い乳やめたほうがいいのかな?」と悩みました。

ですが、「授乳の合間にゲップを出してあげる」という方法に出会ってから、吐き戻しが少なくなり、寝かしつけもラクになりました!

赤ちゃんのゲップは授乳のあとにしなきゃいけない!と思っていたため、授乳の合間にゲップをさせる方法、目からウロコでした!

スポンサーリンク

添い乳でのゲップはどうする?授乳の合間がおすすめ!

新生児の寝顔

添い乳といえば、ママも横になったまま授乳できる方法ですので、体力的にしんどいときなんかは、ホントに助かりますよね。

また、添い乳をすると寝かしつけもラクなんですよね~。

わたしも、赤ちゃんを寝かしつける目的で添い乳を取り入れていました。

ですが、添い乳でせっかく寝かしつけた赤ちゃん。

ゲップをせずに寝てしまうので、夜中に吐き戻したりしないか、心配になっちゃいますよね。

特に、吐き戻しが多い子はママは気になると思います。

ただ、わざわざ起こすのは効率が悪すぎますよね?

赤ちゃんが寝た後は、ママもゆっくり休むか、たまった家事を片付けたり、たまにはリフレッシュする時間にも充てたいですよね。

そこで、わたしがやっていた方法が「添い乳の前にゲップを出してあげること」です。

夜、布団で添い乳で寝かしつける前に、まずはソファでしっかり横抱きやフットボール炊きなどで授乳をします。

そして、ポジションチェンジをするときに、赤ちゃんをたて抱きにしてゲップを促してあげます。

ただ、泣いて嫌がってしまうこともあるため、そんなときはムリせずに授乳しちゃいます。

また、必ずゲップが出るとは限らないため、飲んだ母乳が胃にストンと落ちていくようなイメージで少したて抱きにして様子を見てました。

ソファでしっかり授乳をしていると、赤ちゃんはだんだんウトウトしてきます。

ウトウトし始めたタイミングを見計らって布団に連れていき、添い乳をして寝かしつけていました!

この方法なら、授乳の途中でゲップを促してあげているため、お腹の中の空気を減らしてあげることができます。

それに、授乳の合間の方がゲップが出やすい子もいます。

さらに、途中でゲップを出してあげるとお腹がスッキリするため、母乳の飲みも良くなります!

寝かしつける前にたくさん飲んでくれると、その分、夜寝てくれる時間も長くなるようになりました。

もちろん、ママは乳腺炎にならないよう、夜間授乳は必須ですけどね。

でも、寝かしつるときにいきなり布団で添い乳をするよりも、ソファでしっかり授乳&ゲップをさせた方が、吐き戻しの心配が減りますし、添い乳での寝かしつにかかる時間も短縮できました!

添い乳って、たしかに横になって授乳できるのでラクなんですが、長時間同じ姿勢が続くと、腰や腕に負担がかかるんですよね~。

特に、新生児のうちは首がすわっていないため、添い乳をするのにも意外と苦労しちゃいます。

ただ、添い乳で寝かしつけてゲップがどうしても出ていないとき。

吐き戻しが気になるときは、赤ちゃんが寝る場所にバスタオルを敷いておくと安心ですよ。

シーツが汚れてしまうと、洗濯するのが大変ですが、バスタオル1枚ならすぐに洗って替えられるので便利です。

あとは、口拭き用のガーゼも枕元にあると安心ですよ。

さらに気になる場合は、赤ちゃんの頭を少し高くするか、体ごと横向きにして寝かせるのがおすすめです。

最後に、窒息を防ぐためにも、ママと赤ちゃんの掛け布団は別々にすることをおすすめします!

大人の布団って、赤ちゃんにとっては大きくて重いため、負担になっちゃうんです。

ベビー用の布団じゃなくても、夏はガーゼ生地のバスタオル、冬はスリーパーやブランケットでもじゅうぶんです!

うちの子も、よく布団をはいじゃうタイプだったため、冬はスリーパーを着せて寝かせてました!

スポンサーリンク

まとめ

ベビーベッド

添い乳で寝かしつけた赤ちゃん、わざわざゲップをさせるために起こすかどうか、迷いますよね。

ですが、授乳の合間にゲップをうながしてあげると、お腹の中の空気が減りますので、吐き戻しの心配も減ります!

すぐに実践できる方法ですので、ぜひ今夜からでも試してみてくださいね。

ただ、ゲップが出たから赤ちゃんは絶対に吐き戻さない!というワケではないんですよね。

ここが育児の難しいところなんですよね。

赤ちゃんに吐き戻しが多いのは、胃のカタチが関係していたんです。

赤ちゃんの胃はストンと真っすぐ。

大人の胃のようにカーブを描いていないため、吐き戻ししやすい構造になってるんです。

成長とともに吐き戻しが少なくなってきますので、根気強く付き合っていくしかないんですね。

また、生後3か月ぐらいまでは赤ちゃんは満腹中枢が未発達と言われています。

つまり、赤ちゃんは母乳やミルクを飲んでも「お腹いっぱい」という感覚がないため、飲み過ぎて吐いてしまっている場合もあり得るんですよね。

赤ちゃんは、疲れるか眠くなるまで母乳を飲み続けるよう、インプットされているんです。

ですがうちの子も、3か月を過ぎたころから、だいぶ吐き戻しが減りました!

生後3か月ぐらいになると、母乳の飲み方も上手になって、空気を飲み込んでしまう量も減るんです。

さらに、自分でおすわりできるようになると、赤ちゃんは自分でゲップを出すことができるようになるんです!

ママは大変だと思いますが、ぜひ添い乳も取り入れながら、少しでも休みながら育児ができるといいですね。

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃんのゲップが出ない苦しそう!嫌がる場合の対処法6選

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
新生児
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました