沖縄への子連れ旅行持ち物であると便利なモノ4選&不要だったモノ

子連れ旅行の計画 沖縄

沖縄へ子供連れで旅行に行く場合、
プールや水遊びの道具も必要ですので
荷物が多くなっちゃいますよね。

わが家も子連れで沖縄旅行に行った際、
アレコレ持っていきすぎて失敗しました~。

現地で調達した方がいいもの、
事前に用意して持って行った方がいいものを、
実際の経験を交えながらご紹介していきます!

ちなみに、子供は小学生と2歳です。

2歳は、まだオムツが取れていなかったため、
オムツの用意は必須でした~。

スポンサーリンク

沖縄への子連れ旅行持ち物であると便利なモノ4選

子連れ旅行の計画

機内で使うものと棚に入れるものを分けておく

まずは、飛行機編です。

機内で使うタブレットやおもちゃ、お菓子などは
座席の下に収納できるよう、バッグを分けておくと便利です。

逆に、機内では使わない
オムツや着替えの予備などは別のバッグに分けて
荷物棚に収納しちゃいましょう!

あらかじめ、バッグを分けておくことで
機内で座席に座るのがスムーズになります。

もし、必要なお菓子などを
荷物棚に入れてしまうと、出すのが大変ですからね。

事前に仕分けしておくのがおすすめですよ。

また、子供が荷物を持てる年齢なら、
子供のリュックにお菓子を入れちゃうのもアリですよ。

うちはいつも、小学生の娘に
お菓子はお願いしちゃってます!

すごく助かります~。

ただ、子連れの飛行機って
「子供が騒いだりしないかな?」と
心配になりますよね。

わが家の場合、実際にこちらの方法を試したら
子連れでのフライトも快適でした~!

  • 昼間の時間帯のフライトを選ぶ
  • 飛行機に乗る前にたくさん遊ばせる
  • 子供に事前に言い聞かせをする
  • 目新しいおもちゃをこっそり用意
  • お菓子とジュースは必需品
  • 動画はあらかじめダウンロードを

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

東京から沖縄へ子連れ旅行の飛行機を快適に過ごす方法5選
東京から沖縄へのフライトって 3時間弱もかかるんですよね。 そのため、子連れで搭乗するとき 「まわりの迷惑にならないかな?」 「もし子供が騒いだらどうしよう」と不安になりますよね。 わが家も、子連れ旅行で沖縄に行くとき、 いちばんの心配事でした。 ですが、事前に対策をすることで、 子連れでのフライトも快適に過ごすことができるんです。 わが家が、実際に試してみて良かった方法がこちら。

水遊び用のオムツ、サンダル、ラッシュガード

ホテルのプールは、水遊び用のオムツを着用すれば、
オムツが取れてない子でも遊ぶことができるんですよね。

ホテルでも販売されていますが、
どうしても割高なんです。

ですので、旅行前に近所のドラッグストアなどで
水遊び用のオムツは購入しておくのがおすすめです。

また、プールサイドを歩くために
ビーチサンダルもあると便利です。

特に、真夏の沖縄では、
プールサイドが熱い場合もありますし、
ケガ防止のためにも、サンダルがあると安心です。

それに、サンダルは朝食を食べるときなど、
ホテル内を移動するときにも便利ですよ。

最後に、ラッシュガード。

スポンサーリンク

できれば、フード付きのラッシュガードがおすすめです!

屋外プールを利用する場合、
日焼け対策は必須です。

意外と頭皮も日焼けしますので、
水泳帽や濡れてもOKな帽子など、
日除けグッズがあると安心ですよ。

洗濯洗剤、洗濯ネット、大きめの布バック

子連れの旅行、多めに着替えを持っていくと思うのですが、
それでも汗かきの子供たち。

すぐにシャツが足りなくなっちゃうんですよね~。

たいていのホテルにはコインランドリーがありますので、
お試しサイズの洗剤を持っていきましょう!

また、子供用の小さい靴下などが迷子にならないよう、
洗濯ネットに入れて洗濯すると、
取り忘れ防止にもなります!

あとは、お部屋からコインランドリーへ
洗濯物を持っていく際、
大きめの布のバッグがあると便利です。

布バッグなら折りたためてかさばらないですし、
他にも、プールサイドに荷物を持っていきたいときも
重宝しますよ。

ミニサイズの手提げ

朝食を食べに行くときや、散策をするときなど、
ホテル内を移動するときのために
小さめの手提げがあると便利です。

携帯やハンカチの他、
オムツやお手拭きなどを入れるのに便利です。

沖縄への子連れ旅行で要らなかったモノ

浮き輪

浮き輪

プールで使う浮き輪はホテルで貸してくれますので、
不要でした!

しかも、ホテルのプールはアクティビティが
充実していますので、浮き輪ってあんまり使わないんですよね。

うちの子は、ひたすらウォータースライダーを
滑りまくってました。(笑)

ただ、赤ちゃん用のアームリングなどはありませんので、
必要な方はあると便利かもしれません。

空気入れは、プールサイドで貸してくれます。

ベビーカー

わが家はいつも、空港でベビーカーを預けるのが面倒で、
子連れの旅行では持って行ったことがありません。

ですが、「持って来ればよっかった!」と
思ったことは一度もありません!

飛行機やレンタカーでの移動がメインですので
ほとんど使う場面もありません。

赤ちゃん連れの旅行には、
抱っこ紐があればじゅうぶんです!

もし、ベビーカーが必要そうな
観光施設などは貸出している場合もあります。

事前にリサーチしておくと安心ですよ。

必要以上なお菓子

車や飛行機の中で食べるために、
お菓子やジュースを持って行ったんですが、
わが家はちょっと多く持っていきすぎました~!

もちろん、お菓子やジュースは消費すれば
減りますが、食べない場合はけっこうな荷物になっちゃうんですよね。

お菓子やジュースは現地に着いてからでも
買うことができますので、
必要以上に多いお菓子はかさばるので
ご注意くださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
沖縄
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました