秋保温泉ホテル瑞鳳のプールを子連れで攻略!プールタオルは必須

プールイメージ 宮城

秋保温泉のホテル瑞鳳といえば、
温泉やバイキングが有名なんですよね。

さらに、屋内プールもかなり充実しており、
子連れ旅行で遊びも満喫することができました!

わたしたちが宿泊したのは10月の平日。

小学生と3歳の子連れでお邪魔しました。

小学校の振替休日を利用して宿泊したため、
平日で空いており、しかもお得に泊まることができました♪

ホテル瑞鳳、今まで行ったホテルの中でも
かなり満足度が高いホテルです。

子連れでホテル瑞鳳のプールを遊び尽くす方法、
体験談を交えながらご紹介していきます!

スポンサーリンク

秋保温泉ホテル瑞鳳のプールを子連れで攻略!

プールイメージ

ホテル瑞鳳のプール、
日帰り利用の方と宿泊者とで利用できる
時間帯が分かれているんです!

これは、嬉しいですね~!

宿泊者は15時から利用できるため、
わたしたちも15時チェックインを目指して
ホテル瑞鳳へ向かいました!

少し早め、14:40ぐらいにホテル瑞鳳に到着。

ちょっと早かったかな~?と思ったんですが、
ホテルの方が快く駐車場を案内してくれました!

そして、ホテルに入ってビックリ!

15時前だというのに、
すでにフロントにはチェックイン待ちの
行列ができていました!

さすが、人気ホテルは平日でも混んでますね~。

そしてチェックインを済ませ、
いざお部屋へ!

お部屋ですぐ水着に着替えて、
そのままプールへ直行!しました。

ラッキーなことに、宿泊した部屋と
プールが同じフロアにあり、移動がラクラクでした~。

また、プールに早めに行ったのと
平日だったこともあり、空いてました!

小学生の娘は、ウォータースライダーを滑りまくってました。

ちなみに、プールサイドへは、

  • 浮き輪
  • タオル
  • 着替え

を持っていきました。

でも、浮き輪は無料の貸出がありますので、
正直、要らなかったな・・・と思いました。

子供用のアームリングもあります!

浮き輪って、空気を入れたり抜いたりするのに
意外と手間がかかりますし、
何よりかさばるので、荷物になるんですよね~。

ただ、タオルの貸出はありませんので、
自分たちで用意する必要があります。

お部屋に備え付けのタオルはありますが、
温泉で使うことを考えると、
プールでは使えないんですよね~。

わたしは念のため、子供がいつもプールで使っている
ラップタオルを持って行ったんですが、
これが正解でした~!

スポンサーリンク

更衣室も、ちょっとオープンな雰囲気ですので、
ラップタオル、重宝しますよ。

プールに関しては、子供用プールが仕切られていますので、
小さい子供でも安心して遊ばせることができます!

人口の岩のオブジェがあり、
そこから滝のように水が流れ、
さらに子供が大好きなウォータースライダー!

ちょっと冒険に出かけたような、
ワクワクするような雰囲気の子供プールです。

で、ママはプールサイドで優雅に見学しよう~!
と思っていたんですが、
暑すぎてムリでした。(笑)

そりゃそうですよね、
温水プールなので、プールサイドも暑いんですよね。

仕方ないので、子供たちとの遊びはパパに任せて、
わたしは一足先に温泉へ~♪

昼からの温泉、贅沢で気持ちよかったです。

秋保温泉ホテル瑞鳳のプールまとめ

浮き輪イメージ

ホテル瑞鳳のプールでは、
浮き輪の貸出が無料でありますので、
持っていかなくてもじゅうぶんに楽しむことができます!

ですが、どうしてもお気に入りの浮き輪がある。
使いたい!という場合。

プールサイドに空気入れがありますので、
持込もOKです!

プールサイドにあるものをまとめると・・・

  • 浮き輪&アームリング&ライフジャケット
  • 空気入れ
  • レンタル水着(300円)
  • 飲料水

です。

飲料水があるのは嬉しいですね!

水遊びしていると、のどの渇きを感じにくいんですが、
意外と汗かいてるんですよね。

子供には、こまめに水分補給させてあげてくださいね。

逆に、プールサイドに無い物。

  • ゴーグル
  • タオル

特に、子供用のラップタオルがあると重宝します。

あと、お部屋からプールへ移動する際、
基本的にホテル内なら部屋にある
スリッパでOKです。

ですが、2~3歳ぐらいの子には
ちょっと大きいです。

スリッパだと脱げやすいですしね。

そのため、わが家のように3歳児を
連れて宿泊する場合は、
サンダルがあれば便利だな~、と思いました。

ちなみに、ホテル瑞鳳のプールは
赤ちゃんでも利用OKです。

オムツが取れてない場合、
水遊び用のオムツを用意してくださいね。

ちなみに、買い忘れてしまっても、
ホテルの売店で販売していますので、安心です。

わが家は、下の子はちょうどオムツが取れたため、
思う存分遊ぶことができました!

ちなみに、プールサイドに
授乳室やおむつ台はありません。

赤ちゃん連れでプールを利用する場合は、
オムツ替えや授乳のタイミングを調整する必要がありそうです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
宮城
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました