ホワイトデーのお返しの意味一覧!マシュマロは「嫌い」ってナゼ?

春色のお菓子 ホワイトデー

ホワイトデーのお返しといえば、マシュマロ・チョコ・クッキー・キャンディーなどが定番ですよね。

最近では、マカロンも高級感があって喜ばれる贈り物です。

ですが、ホワイトデーのお返しは、贈るものによって意味が込められている場合もあるんですよね~。

意味を知らずに贈って、相手にいらぬ誤解を与えてしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。

ホワイトデーのお返しを購入する前に、定番お菓子の意味を知っておいてくださいね。

また、お菓子以外の贈り物の意味もご紹介します。

さらに、特別な意味を含んでいないお菓子もありますので、あえて意味のない物を選ぶというのもアリだと思います。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しの意味一覧!

ホワイトデー

マシュマロの意味

マシュマロの意味=「嫌い」

マシュマロといえば、ホワイトデーのお返しとして定番ですが、わぁ~・・・、こんな意味があったなんて知りませんでした。

元々は、老舗のお菓子屋さんが、チョコレート入りのマシュマロを販売し始めたのが発祥と言われています。

ですが、お菓子屋さんとしては、「バレンタインに頂いたチョコを、ふんわりとしたマシュマロで包んでお返しします」という意味で売り出したそうなんです。

白いマシュマロで純白さを表現していたんだとか。

でもなぜか、今はマシュマロに「嫌い」という意味が付いてしまってますよね。

これには理由が2つあるようで、

  • 女性からの愛(チョコ)を、マシュマロに包んでやんわりお返しします、優しくお断りします、というニュアンスを含んでいる
  • マシュマロは口どけがいいので、「早く忘れたい人」を連想させる

と、意味が大きく変化していたんですね。

ただ、元々の意味は「純白な気持ち」も表しているので、なかなか解釈が難しいお菓子なんですね。

ただ、義理チョコのお返しとしては定番ですので、職場で配ったりする分には問題なさそうです。

ですが、本命や友チョコへのお返しには、選ばない方がいいです。

チョコレートの意味

チョコレートの意味=「気持ちをお返しします」

バレンタインといえばチョコレート。

ホワイトデーのお返しにチョコレートを選んでも良さそうですが、チョコレートをホワイトデーでお返しすると「あなたの気持ちをそのままお返しします」という意味になっちゃうんです。

ちなみに、チョコレート自体は意味を持っていないため、ホワイトデー限定での意味です。

ホワイトチョコの意味

ホワイトチョコの意味=「あなたのことは好きだけど友達のままでいようね」

チョコレートそのままを返すわけではありませんが、ホワイトチョコもあまりいい意味ではないんですね。

キャンディーの意味

キャンディーの意味=「好き」

キャンディーは口の中にずっと甘い味が残ることから「好き」という意味が付いています。

また、飴の味によっても、微妙に意味が異なりますので、参考にしてみてくださいね。

・いちご:恋・結婚
・レモン:真実の愛
・ぶどう:酔いしれる恋
・りんご:運命の相手
・オレンジ:幸せな花嫁
・メロン:素敵なデート

また、キャンディーは固くてなかなか割れないですよね?

そのことから、「関係が割れない」という意味もあります。

長くいい関係でいたい相手や、バレンタインに告白されてOKするときなど、キャンディーはお返しとして最適なプレゼントですね。

金平糖の意味

金平糖の意味=「好き」

金平糖も、キャンディーと同じく「好き」という意味です。

金平糖の方が保存期間が長いため、場合によっては飴よりも「好き」という気持ちを強く表すことになります。

それに、ホワイトデーがある3月は、ひな祭りもありますね。

こんぺいとうをよく見かける時期でもあります。

カラフルだけどちょっとレトロで懐かしい金平糖は、人と被りにくくおしゃれな印象もありますね。

わたしも、海外の友達に金平糖を贈ったら、すごく喜んでもらえました!

クッキーの意味

クッキーの意味=「お友達」

クッキーのサクッとした食感そのままに「サクッとしたいい友だちでいよう!」という意味なんです。

友チョコのお返しには最適ですね。

クッキーは種類も豊富ですので、「たくさんいる人の中の一人」という意味もあり、告白のお返しにお断りしたいな・・・というときに贈られる場合もあります。

ただ、クッキーはやはりホワイトデーの贈り物の定番ですね。

手作りもできちゃいますし、市販なら日持ちもするので、喜ばれるお菓子ですね。

マカロンの意味

マカロンの意味=「特別な人」

マカロンといえば、高級なイメージですね。

お菓子のイメージそのままに、「特別な人」「大切な人」という意味があります。

彼女や奥様だけではなく、大切な友人に贈るのにもぴったりですね。

カップケーキの意味

カップケーキの意味=「特別な人」

カップケーキもマカロンと同様、「特別な人」「大切な人」という意味です。

マカロンに比べると高級感は低い・・・?ような感じもしますが、予算をおさえつつ、手作りでお返ししたい!という場合はぴったりです。

カップケーキは手作りにもぴったりですし、デコレーションを楽しむのもいいですよね。

キャラメルの意味

キャラメルの意味=「安心できる人」

キャラメルは、飴や金平糖と同様に、口の中で甘い味が広がるので「好き」という意味なんですね。

ただ、飴とは一味違う、昔懐かしいキャラメルの味は「ホッとできる」「安心する」というイメージなんですね。

長いお付き合いの方に贈るのにぴったりですね。

マドレーヌの意味

マドレーヌの意味=「もっと仲良くなりたい」

日本では、貝は縁起物なんですよね。

そのため、貝が二枚重なった形のマドレーヌは「縁結び」「円満な家庭」などおめでたい意味があるんです。

ホワイトデーのお返しだけではなく、これからもいい関係を築いていきたい相手に贈られることが多いお菓子なんです。

バームクーヘンの意味

バームクーヘンの意味=「幸せがいつまでも続きますように」

バームクーヘンの木の年輪に似た形は、「年を重ねる」「成長する」という意味でお祝い事でもよく登場する縁起のいいお菓子ですね。

結婚式の引菓子といえば、バームクーヘン!ではないでしょうか?

一昔前までは、パサパサしていてあまり美味しくないイメージでしたが、最近はしっとりと優しい甘さのバームクーヘンが増えてきましたね。

銀座「ねんりん家」のバームクーヘンといえば、定番ですね!

スポンサーリンク

意外!ホワイトデーのお返し食べ物以外にも意味が

ギフト

ハンカチ

ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書きます。

そのため、「手切れ」という言葉を連想させるため、「お別れ」という意味になっちゃうんです。

プチギフトとして贈りやすいハンカチには、意外な意味があったんですね~。

ホワイトデーのお返しとしては気を付けなきゃいけないですね。

なお、ハンドタオルなら意味を持っていないため、OK!と言われています。

香水

香水には、「あなたと親密な関係になりたい」という意味が込められています。

フランスでは香水を贈ると「独占したい」という意味にもなるんです。

ただ、香水は好みの香りがハッキリする物ですので、プレゼントとして選ぶときは難しいですよね。

相手の好きなブランドや香りを把握している場合は選びやすいと思いますが、そうじゃない場合は選ばない方が無難です。

靴は「わたしから旅立って自由になって!」という意味があるんです。

つまり、お別れを意味しているんですね。

でも、靴もプレゼントするのは難しいものですね。

ブレスレット

ブレスレットには「あなたを束縛したい」という、重い意味があります・・・!

ブレスレットはお値段もそこまで高価ではないですし、選びやすいアクセサリーですが、あまり安易に贈らない方がいいんですね。

そもそも女性は、何とも思ってない男性からアクセサリーなどのプレゼントをもらうのを嫌がります。

ネックレス

ネックレスは「ずっと側にいさせて欲しい」という意味があります。

そもそも、ネックレスは彼女や奥様にしか選ばないですよね。

テディベア

テディベアは「これを僕だと思って大事にしてね」「いつでも側にいるよ」という意味があります。

遠距離恋愛中のカップルには嬉しいかもしれませんね。

ただ、人によっては重いと受け止められちゃう可能性もあります。

たまに、ぬいぐるみ付きのギフトセットも販売されていることがありますが、安易に選ばない方がいいかもしれませんね。

靴下

靴下には「きみに心を許しているよ」という意味があります。

親しい間柄の人に贈るのにぴったりですね。

価格も安くて選びやすいですし、まだ寒い日もある3月にルームソックスをプレゼントしたら喜ばれそうですね。

誰にでも贈りやすい!意味がないお菓子や物一覧

春色のお菓子

ホワイトデーのお返しとして、特別な意味が込められていないお菓子もあります。

いらぬ誤解を招かないよう、意味を気にせず贈りたい!という場合、このあたりのラインナップがおすすめです。

・和菓子
・ケーキ
・プリン
・ゼリー
・シュークリーム
・ラスク
・カステラ

和菓子やケーキは種類も豊富で選びやすいですね。

特に、和菓子は他の人と被りにくいので、喜ばれると思います。

ゼリーも、見た目がキラキラしていて華やかでいいですよね。

お菓子以外で意味を持たない物はこちら。

・ハンドクリーム
・紅茶
・花

ただ、花に関しては、「花言葉」がありますので、気を付けたほうがいいかもしれません。

ホワイトデーのお返し意味まとめ

チョコレートアソート

恋人や奥様、特別な人へ:マカロン・カップケーキ・キャンディー・金平糖
義理・友達:クッキー・チョコレート
仲のいい友達:マカロン・カップケーキ・キャラメル
もっと仲良くなりたい人:マドレーヌ
夫婦:バームクーヘン

「嫌い」という意味があるマシュマロは難しい場合もあると思いますが、職場でたくさん配ったりする分には問題ないと思います!

高級感があるお菓子はイメージそのままに、特別な人に贈るものなんですね。

また、日本で縁起物として考えられている金平糖やマドレーヌ、バームクーヘンなどはどんなシーンでも活躍してくれそうですね。

まとめ

ホワイトデーのお返しの意味をご紹介しました。

お返しに迷っている場合、参考にしてみてくださいね。

わたしの場合、あんまり意味を考えたことがなく、お返しをもらえただけで嬉しい!と思ってました。(笑)

ただ、女性によっては気にする方もいらっしゃいます。

特に、バレンタインで告白された場合は、気を付けたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
ホワイトデー
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました