赤ちゃんが寝ながら飲む!しっかり飲ませたいときやゲップは?

寝ながら飲む赤ちゃん 新生児

授乳中に赤ちゃんが寝ちゃうこと、しょっちゅうありますよね。

ですが、タイミングによっては「もっと母乳やミルクを飲んで欲しい」「ゲップをしてないから気になる」という場合もありますよね。

もっと飲んで欲しいときは、

  • 母乳やミルクを離してみる
  • 足の裏をくすぐってみる

などで、赤ちゃんを起こすことができます!

ですが、飲み始めるとまたウトウトしちゃうので、諦めてそのまま寝かせちゃうこともありました~。

わたしの場合、母乳だったため、どうしても母乳が残っていて張ってツライときは搾乳しちゃってました。

ゲップに関しては、あまり気にし過ぎないようにしてました!

というのも、ゲップが出ても吐き戻しちゃうことがあったので。

万が一、吐き戻ししても大丈夫なように、少し頭を高くしたり、体ごと横向きにして赤ちゃんを寝かせておきました。

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝ながら飲むのは大丈夫なの?

寝ながら飲む赤ちゃん

そもそも、赤ちゃんが母乳やミルクを飲みながら寝ちゃうのは大丈夫なのか、気になりますよね?

吐き戻しが多い赤ちゃんの場合、ゲップが出てないと気になること、ありますよね。

結論は、母乳やミルクを飲みながら赤ちゃんが寝ちゃうのは普通のこと!

特別心配しなくても大丈夫です。

生後3か月ぐらいまでの赤ちゃんは、満腹中枢が未発達と言われています。

つまり、「お腹いっぱい」という感覚がないんですね。

では、どんなときに母乳やミルクを飲み終わるのか?というと、眠くなったときや疲れたときです。

とはいえ、もっと母乳やミルクを飲んで欲しいときや、ゲップが出ないまま寝てしまったときは、気になりますよね。

わたしの場合、もっと母乳やミルクを飲んで欲しいときは、

  • 母乳やミルクを離してみる
  • 足の裏をくすぐってみる

などで、わざと赤ちゃんを起こすこともありました!

母乳やミルクを飲みながらウトウトしている赤ちゃん、わざと口から離すとハッ!と起きて、またゴクゴク飲み始めることがあるんです!

ちょっと可哀そうかな・・・とも思いますが、体力がなくて飲むのに時間がかかる赤ちゃんやもっと飲んで欲しいときにはおすすめの方法です。

あとは、足の裏を刺激すると赤ちゃんは起きるんですよね。

わたしも、産院で指導されました。

特に、夜間よく寝る赤ちゃん。

グッスリ寝ていると、起こすのがかわいそうだな・・・と思っちゃいますが、足の裏をくすぐったり、強く押してみると起きてくれます!

次に、ゲップが出てないのに眠ってしまった場合。

わざわざ赤ちゃんを起こすかどうか、迷いますよね。

赤ちゃんが苦しそうにしていなければ、起こさなくても大丈夫なんです!

スポンサーリンク

起きた時にゲップをさせたり、また時間が経ってからでもお腹の空気がおならとして出る場合もありますので、心配しなくても大丈夫です。

気になるときは、頭を少し高くするか、体ごと横向きにして赤ちゃんを寝かせておくと安心ですよ。

わたしの場合、赤ちゃんが寝る場所にバスタオルを敷いてました。

枕元に口拭き用のガーゼもあると安心ですよ。

また逆に、赤ちゃんが母乳をずっと飲んでいて授乳に時間がかかってしまうこと、ありますよね。

あまりに授乳時間が長いと「母乳が出てないのでは?」と不安に思っちゃいますよね。

ですが、赤ちゃんのタイプによって母乳の飲み方は違いますし、日によって赤ちゃんが飲む量も違うんです。

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃん母乳をずっと欲しがるのは大丈夫?母乳不足なの?

赤ちゃんが寝ながら飲むときは合間にゲップをさせる!

ミルクを飲む赤ちゃん

吐き戻しが多い赤ちゃんの場合、ゲップを出してあげないとどうしても心配!というママもいますよね。

そんなときは、授乳の合間にゲップをうながしてあげる方法、おすすめです!

ゲップは、授乳のあとにさせなきゃいけない!というワケではないんです。

授乳のポジションを変えるときに、赤ちゃんをたて抱きにして背中を優しくさすってました。

授乳の合間のほうが、ゲップが出やすい子もいます。

それに、途中でゲップを出してあげると、赤ちゃんもお腹が少しスッキリするので、ポジションを変えた後もしっかり母乳を飲んでくれます!

いつもの授乳の途中でウトウト寝てしまう赤ちゃんには、効果的な方法だと思います!

赤ちゃんの目の覚めるし、お腹の空気が出た分、母乳をしっかり飲んでくれます!

わたしは夜寝かしつけをするときは、必ず授乳の合間にゲップをさせてました。

ソファで15~20分、しっかり授乳をして、合間にゲップを促します。

必ず出るとは限りませんし、赤ちゃんもポジションチェンジに時間がかかりすぎると泣いてしまうため、泣くときは切り上げてました。

赤ちゃんは大泣きしてしまうと、またその分空気を飲み込んでしまいますから。

ゲップが出なくても、授乳の合間にたて抱きにしてあげるだけで、母乳が赤ちゃんのお腹にストンと落ちていくような気がしてました~。

そして、しっかり授乳してウトウトし始めたら布団に連れていき、そのまま添い乳で寝かしつけをしてました!

これなら、すんなり布団で寝てくれるし、添い乳で寝かしつをする時間も短縮できてラクになりました~。

すぐにできる方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃんのゲップが出ない苦しそう!嫌がる場合の対処法6選

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
新生児
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました