サンタさんへ手紙を書こう!カナダのサンタからお返事がもらえる!

クリスマスカード クリスマス

サンタさんへプレゼントのリクエストをするために、毎年手紙を書いている子は多いですよね。

親がこっそり手紙を預かってそのまま・・・というご家庭もきっと多いですよね。

ですが、カナダのサンタさんにお手紙を出すと、本当に返事がもらえる!というサービス、ご存知でしたか?

なんと、日本語で書いてもOKなんです。

しかも、必要なのは切手代のみ!

返信用の切手は不要なんです。

とっても夢がある上に、太っ腹なサービス!

【動画の内容】

サンタさんは毎年、世界中の子供たちから100万通もお手紙をもらいます!サンタさんは全部のお手紙を読んでるよ!

そして、みんなにお返事を書いています。

どうやっているのかは、誰にもわかりません。

でも、トナカイに空の飛び方を教えたサンタさんにとって、子供たちのお返事を書くことぐらい、そんなに大変じゃありません。

サンタさんに手紙を書いてね!

あなたの住所を書いておくとお返事がもらえるよ!

サンタさんへの手紙の書き方や料金など、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

サンタさんへの手紙の出し方

クリスマスカード

宛先

Santa Claus(サンタクロース)
North Pole(住所=北極)
HOH OHO(郵便番号)
Canada(カナダ)

すごく簡単な住所ですね~。

たったこれだけで、世界中どこから出しても届いちゃうんです。

サンタさんはNorth Pole、つまり北極に住んでいるんですね。

ちなみに、「HOH OHO」の郵便番号はアルファベットの「H(エイチ)」と数字の「0(ゼロ)」の組み合わせ。

サンタさんの口ぐせ「HO!HO!HO!(ホゥ!ホゥ!ホゥ!)」から来てるんです。

カナダの郵便番号は、日本とは違い、アルファベットと数字を組み合わせた6桁なんです。

封筒の書き方

  • 左上に差出人の名前と住所
  • 右下にサンタクロースの名前と住所
  • 左下に「AIR MAIL」と青色か黒色で書く

エアメールの書き方は、郵便局のホームページで詳しく紹介されていますので、参考にしてくださいね!

書き方のポイントとしては、

  • 国名は必ず書く
  • 自分の住所は逆から書く

です。

たとえば、

100-8797
東京都千代田区霞が関1-2-3

1-2-3 Kasumigasaki,

Chiyoda-Ku,Tokyo,100-8797

JAPAN

となります。

子供といっしょにエアメールの書き方を知り、実際に出してみるのはいい経験になりますね!

料金

切手代110円で届いちゃいます!

ただし、大きめのサイズの封筒や重い画用紙などに手紙を書いた場合は、もう少し料金がかかる場合もあります。

心配な場合は、郵便窓口で支払う方がおすすめです。

いつまでに出せばいい?

日本から出す場合は、11月中に出すのがベターです。

毎年、12月10日前後がお手紙の締め切りなんです。

日本からカナダまで、手紙が届くまで約1週間ほどかかってしまいますので、なるべく早めに出してくださいね!

ただし、あまりギリギリに出してしまうと、クリスマスまでに返事がこないことも。

ですが、返事は必ず来ます!

遅くなってしまった場合は、「遅れてごめんね。」という内容の手紙が届きます。

スポンサーリンク

サンタさんへの手紙の内容は?

エアメール

基本的に、自由に書いてOKです!

日本語で手紙を書けば日本語で返信してくれます。

サンタさんは30か国以上の言語と点字に対応している!というので、本当に驚きです。

とはいえ、小学生になると少しずつ英語も習い始めますし、せっかくなら英語で手紙を書いてみる!というのも一つのチャレンジですよね。

さらに、「Canada post」のサイトには、お手紙のテンプレートが用意されています!

「Letter templates for younger children」または「Letter templates for older children」をクリックすると、穴埋め形式のテンプレートが無料で公開されています。

テンプレートをそのまま印刷して穴埋めで書いてもいいですし、手紙を書くときにフレーズを参考にしてもいいですね。

基本的には、

  • 自己紹介
  • 今年はどんな1年だったか(勉強をがんばった、運動をがんばった)
  • 去年のプレゼント、嬉しかったよ!
  • 今年のプレゼントは〇〇が欲しいな
  • むすびの言葉

という構成にするとスッキリすると思います。

日本語の場合でも、同じような構成で大丈夫です!

まとめ

返信用のハガキや切手を用意しなくても、切手代のみでサンタさんからお返事もらえるなんて、ワクワクするサービスですね!

手紙の内容は日本語で書いてもOKですが、封筒の宛先だけは、エアメールですので英語で書く必要があります。

子供といっしょに楽しみながら英語に触れることができる機会ですので、ワクワクドキドキしながら、お手紙を書いたら、きっといい経験になりますね。

さらに、お返事ももらえるなんて、嬉しいですよね!

今年はちょっと特別なクリスマスを演出してみてもいいかもしれませんね。

ただ、どうしても本物のサンタさんへのお手紙間に合わなかった!という場合も多いですよね。

そんなときは、親が代筆でお返事を書いてあげる方法もおすすめ!

あくまで、パパやママも忙しいサンタさんの代わり!です。(笑)

英語での例文や、そろそろサンタクロースからのプレゼントは卒業させたいな・・・というときのさよならの手紙の例文もご紹介しています。

▼関連記事▼

サンタクロースからのメッセージを英語で!年齢別の例文&卒業の手紙

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
クリスマス
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました