共働きの家事の時短テク!意外と簡単なコツで時間に余裕ができちゃう

洗濯 ワーママ

家事・育児・仕事に追われる毎日。

「どうしてこんなに時間ないの!?」「他のワーママはどうやってこなしているんだろう?」と、思っちゃいますよね。

わたしも、朝バタバタしながら子供を保育園に預け、昼間は仕事、夕方は再び家事と育児に追われる・・・という生活をしていました。

「少しでも家事を早く済ませたい」「少しでも早く休みたい」「少しでも朝の時間に余裕が欲しい」など、少しでも家事がラクになる時短テクをご紹介します。

基本的に、家電に頼らなくてもできる、ゆる~いテクニックばかりです。

そのため、すぐにマネできるものばかりですので、ムリのない範囲で徐々に取り入れていってみてくださいね。

スポンサーリンク

Pick Up
▼共働きでの子育てが辛い!と感じている方へ▼

共働きでの子育てが辛い…もう無理!から抜け出してラクになった

共働き家事を時短で済ませるコツ3つ

料理

時短掃除のコツは「溜めない」

「週末にまとめて掃除しよう」と思うと、せっかくの休日が家事で終わってしまった!なんてことになっちゃうんですよね~。

わたしも経験があるのですが、汚れは時間が経てば経つほど、落ちにくくなっちゃいます。

そのため、掃除を溜めてしまうと、ものすごく時間も労力も削られてしまうんです・・・!

貴重な休日をつぶさないためにも、こまめに掃除するクセを付けたり、ササっと掃除できる便利な掃除道具を常備しておくのがおすすめ。

「しない」家事を作る

思い切って、「しない家事」を作るのもおすすめ。

  • 食器は洗わない→食洗器
  • 買い出しは行かない→ネットスーパー
  • シャツにアイロンはかけない→形状記憶のシャツやクリーニング利用

などなど。

意外と「やらなくてもいい家事」というのが存在するんです。

わたしもアイロンがけが面倒で大嫌い!でした~。

旦那さんの協力は必須!

共働き家庭の家事は、旦那さんの協力は必須!ですね。

わが家も、家事分担は欠かせません。

旦那さんの協力を得るには「得意なことを担当してもらう」「家事をほめる!」コレが大事だと痛感しています。(笑)

やってもらった家事に対して、絶対に文句は言わないようにしています!

「ありがとう」「さすが、早い」「キレイになった!」など、ほめると次も気持ちよくやってくれますよ~。

料理の時短テク

慌ただしい朝の朝食、ヘトヘトに帰ってから作る晩ご飯・・・。

ホント、たまには手抜きしたい!と思いますよね。

でも、子供のことを考えると栄養バランスも大事だし、かと言って時間のかかる料理だと、子供がお腹空いてぐずっちゃうことも。

料理の時短はハードルが高い家事の一つですが、「1週間でバランスがとれればOK」と考え、お弁当やレトルト食品なども組み合わせなるのがコツです。

朝食編~

朝食ワンプレート

ワンプレートが最強!

仕切りがあるプレートは、子供の朝食用にぴったりですね。

一つには、パンまたはおにぎり。

もう一つには、果物かヨーグルト。

余力があれば、前日のスープやウインナーやハム、冷凍おかずをプラスすることもあります。

ワンプレートのお皿は、洗い物が減るのも嬉しいポイントです!

夕食編~

晩ご飯

「具だくさん」で栄養バランスアップ

  • 鍋(冷蔵庫の残り物も片付く!)
  • 豚汁(翌日はうどんを入れるのも〇)
  • オムレツ(ウインナー・玉ねぎ・ピーマン・にんじん・きのこなどを入れてスパニッシュオムレツ風に!)
  • 魚と野菜のホイル焼き(マヨネーズをちょい足しすると子供が好きな味に!)

など、「具だくさん」レシピは時短料理にもなりますし、何よりお肉やお魚、野菜など、たくさんの食材を食べることができますね。

ごはん、汁物、メイン、副菜などの小鉢・・・と、食卓にたくさんお皿が並ぶのが理想ですが、平日の夜に、しかも毎日・・・というのは難しいですね。

しかも、「具だくさん」にしちゃえば、苦手な食べ物でも、いつの間にか子供が食べている場合もあります。

「丼もの」は作り置きもできる

  • 親子丼
  • 豚玉
  • 牛丼
  • カレー
  • シチュー

など、丼ものは時短レシピの定番!ですね。

前日に、お肉と野菜に火を通して味付けまでしちゃえば、味も染み込みますね。

あとは、温めなおしたり、たまごでとじるだけで完成!ですね。

シチューの日は、パンにしちゃうのも手軽ですね。

「週に一度お弁当の日」もアリ

時短と言うか、もはや「手抜き」ですが、週に1回、「〇曜日はお弁当の日」と決めちゃうと、すごく気持ちが軽くなります!

献立を考え、買い出しに行き、料理をして後片付けをする、という一連の負担がまるっとなくなるのは、すごく大きいです。

しかも「今日は作るの面倒だな~」という後ろ向きの気持ちとは違い、「今日は〇曜日だからお弁当だ!何にしようかな~?」と楽しむことができちゃいます。

お弁当に限らず、お惣菜を活用するのもおすすめ。

曜日でメニューを固定

毎日の献立を考えるのも、結構大変なんですよね~。

そこで、曜日でおおまかなメニューを決めると、迷うことが少なくなります!

決め方はざっくりでOK!

たとえば、

  • 月曜:魚
  • 火曜:肉
  • 水曜:丼もの
  • 木曜:お弁当
  • 金曜:麺類

週末に買い出しをするご家庭が多いと思いますので、週のはじめは生鮮食品を使いきるメニューで。

週の後半は、冷凍した肉や野菜、生鮮食品を使わなくても作れる簡単なメニューにするなど、工夫してみてくださいね。

買い出し編~

スーパーマーケット

調理しやすい食材を購入する

お肉は塊よりも薄切り肉、お魚は切り身、カット野菜、など調理しやすいように加工された食材もあるんですよね。

それに、生肉や生魚をさばいたまな板や包丁は、きちんと消毒する必要があるため、片付けに手間がかかっちゃうんですよね。

かたまり肉の方が安いですが、手間を考えると、少し割高でもカットしてあるお肉やお魚を買った方が時短になります。

ネットスーパーも使いこなしてみて

「買い出し」も意外と負担が多い家事の一つ。

そこで、ネットスーパーを利用する方は増えていますね。

ただ、実はわたしは使う前は抵抗がありました。

というのも、「食材を直接見ずに買い物ってどうなの?」って。

でも、慣れるとすごく便利!

スキマ時間で買い物できちゃいますし、玄関の前まで重い荷物を運んできてくれるのは、ありがたいです。

さらに、まとめ買いは、実は節約になるんです。

ちょこちょこスーパーやコンビニに行くと、つい余計なお菓子などを買ってしまうのですが、そういった無駄遣いを減らすことができます。

冷凍食品・レトルト・缶詰があると安心

冷凍食品などを使うことに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

ですが、最近は無添加のものも増えています。

たとえば、冷凍「うどん」や「そば」があると、お米を炊く時間がなかったときに便利です。

わが家は、冷凍の「おにぎり」「パスタ」「お好み焼き」「タコ焼き」「ポテト」「牛丼」などなど、たくさんストックしています!

休日のお昼ご飯にもいいですよ。

パウチ食品も「切り干し大根」「ひじき煮」など、副菜がじゅうじつしています。

缶詰も、子供が好きな「シーチキン」や「コーン」の他、「サバ」などのお魚もおすすめ。

缶詰は、そのまま食べてもOKですが、アレンジしやすいんですよね。

どれも長期保存がききますので、買い物に行けなくても安心ですね。

さらに、台風などの災害時、非常食としても役立ちます。

スポンサーリンク

掃除の時短テク

掃除はとにかく「溜めない」ことがいちばんの時短テク!

毎日ほんの数分、いや数十秒でもいいので、気づいたときに気づいた汚れをサッと掃除する。

実は、コレが掃除ではいちばん大事なんです。

習慣化できると、週末の掃除もラクになります!

床掃除

掃除機

毎日掃除機をかけるのは大変!ですね。

もちろん、ロボット掃除機に任せる!というのも一つの時短テクですね。

でも、ロボット掃除機が無くても、時短掃除はできます!

フロアワイパーは朝起きたらすぐかける

ホコリは、人が活動していると、どうしても舞い上がってしまいます。

夜寝ているうちに、ホコリは床に落ちてきますので、朝一で床掃除をすると、効率よく掃除することができるんです!

でも、コレのどこが時短につながるの?と思いますよね。

まず、夜寝る前、寝室の前にフロアワイパーをセットしておいてください。

朝起きたら、フロアワイパーをかけながらトイレ→顔を洗うついでに洗面所→朝食の準備にリビング、という感じで、移動しながらサササーっと床掃除をしちゃうんです!

ほんの3分ぐらいで、サクッと掃除が終わっちゃいます。

平日はフロアワイパーで簡単に掃除し、休日に掃除機をかければ、ある程度清潔な状態で毎日を過ごすことができます。

たとえ早朝でも、フロアワイパーなら音が気にならないのもいいですよね。

じゅうたんはコロコロで

じゅうたんは、気づいたときにコロコロ~っとするだけで、ゴミがとれますね。

テレビを観ながらでも、数分で出来ちゃいますね。

子供に手伝ってもらうのもいいですね。

洗面所、お風呂、トイレなどの水回り

水回り

洗面所

汚れに気づいたときに掃除すると、キレイな状態を維持することができます。

使わなくなったハンドタオルサイズを置いておき、水しぶきが飛んだときにサッと拭き取り。

洗面ボールや蛇口の汚れに気づいたら、メラミンスポンジでゴシゴシ。

こまめに掃除しておくことで、週末の掃除も時短で済みます!

お風呂

お風呂も、その日のうちに洗っちゃうのがいちばん!

お風呂もすぐに掃除しちゃえば、短時間で終わります。

わが家は、いちばん最後に入った人がお風呂掃除をするルールです。

トイレ

トイレも、汚れが気になったときに洗い流せるシートでサッと拭いちゃうのがおすすめ。

わが家は小さい子供がいるので、どうしてもトイレは汚れやすいんです・・・。

コスパが気になるときは、100均のシートでもOK。

便器の中は、トイレスタンプなどを使うと、キレイが長続きします。

洗濯の時短テク

洗濯

洗濯は、洗濯機をセット→干す→取り込む→たたむ→収納、と家事の中でも工程が多いんですよね~。

「洗濯を2日に1回にする」など、洗濯する回数を減らすのも時短につながるのですが、子供がいる家庭では現実的ではないんですよね。

洗濯物の量も多いので、1日まわさないだけでも、すごく溜まっちゃいます。

洗濯の時短テクは、「徹底的に無駄を省く」ことで、日々の負担を軽減するのがコツです。

洗濯機のタイマーをセット

ワーママの場合、早起きして洗濯物を干す!という方もいらっしゃいますよね。

朝起きたら、すぐに干せる状態になっていると、ラクですね。

夜のうちに、洗剤を入れて、タイマーセットしておくと時短につながります。

靴下やインナーなど小物はネットへ

靴下やインナー、ハンカチやベビー服など、小物は洗濯機の中でバラバラになりがち。

干す前に仕分けをするとき、探すのに苦労するんですよね~。

そこでわが家は、大きめのネットに靴下やインナーなどの小物は入れるよう、家族みんなに協力してもらっています。

これで、迷子の靴下を探す時間を省くことができます。

たたまない洗濯物も

バスタオルはタオル掛けに、シャツはハンガーに干してそのままクローゼットへ、など意外とたたまなくてもいい洗濯物もあります。

収納の仕方もいっしょに工夫する必要がありますが、「しまうだけ」というのはかなり時短になります。

さらに、究極の時短で「たたまずカゴに入れる」という方法も。

家族それぞれの収納ボックスを用意し、そこに靴下などのインナーをポンポン放り込む!というスタイルもあります。

「シワになる」「探しづらい」などのデメリットもあるため、個人的にはあまりおすすめしませんが、「気にならない!」という方は試してみて。

たまには浴室乾燥機も

浴室乾燥機を使ういちばんのメリットは、「干す時間が約半分で済む」こと。

洗面所からベランダへ行く手間が省けるだけで、時短に!

取り込みのときも、洗濯物を洗面所に収納しながら片付けることができるので、いつもより早く終わります。

ただ、問題はやっぱり電気代ですね。

洗濯乾燥機も便利ですが、毎日使うとなると、気になっちゃいますね。

雨の日だけ、平日だけ、など、メリハリをつけて時短と節約のバランスを取るのがおすすめ!

ちなみに、浴室乾燥機を使うときは、扇風機もいっしょにまわすと大量の洗濯物でも、わが家は3時間あれば乾きます!

 

ただ、洗濯=朝に干すというイメージ、ありますよね。

「どうしても朝が苦手でバタバタする」「どちらかというと夜型」という方は、「夜に洗濯をして干す」という選択肢もあります。

わたしも実際、やっていた時期がありますし、旅行や帰省などで朝早くから出かける場合も夜洗濯は便利です。

ただ、夜洗濯した場合、「どこに干す?」「生乾きのイヤな臭いはしない?」など気になることもありますよね。

夜洗濯でも、洗濯物をスッキリ乾かすコツをこちらの記事でご紹介しています。

▼関連記事▼

夜の洗濯どこに干す?外干しはNG&部屋干しの臭いを撃退するコツ

朝の支度を時短で済ませるコツ

朝の支度

その他、「名もなき家事」と言われる、こまごまとした家事も存在するんですよね~。

特に、ワーママにとって朝の時間は慌ただしくなりがち。

少しでも、余裕を持ちたいですね。

子供の準備

「保育園の準備」は、意外と大変。

夏は水筒や水遊びの道具が必要だったり、週のはじめはお昼寝グッズが必要だったりと、変則的な部分もありますよね。

慣れてしまえばルーティンなのですが、慣れるまでが大変。

連絡帳を毎日書くのも、面倒なことの一つだったりします。

朝の時間に少しでも余裕を持たせるために、「前日に準備する」のがやっぱりいちばん。

当たり前のようなことですが、朝バタバタしながら準備するよりも、夜落ち着いて用意したほうが、各段に忘れ物も減ります!

ですが、いくら前日に準備しても、肝心の子供が「起きない」「朝ご飯を食べない」「なかなか着替えない」など、支度に時間がかかってしまうとイライラしますよね。

わたしも「早く!」が口癖で、朝から怒ってしまい、機嫌が悪いまま登園したことが何度もあります…。

子供の朝の支度を機嫌よく、スピーディーに行うには、「朝に子供の楽しみなことをする」のがわが家は効果的でした!

▼関連記事▼

子供の朝の支度にイライラ…「早く」を言わなくても済むテクニック

ママのメイク

ワーママの場合、メイクは欠かせませんよね。

在宅ワークでも、保育園の送迎がある場合は、ノーメイクで行くのは勇気がいります・・・。

紫外線も気になりますしね。

時短メイクを叶えるためには、やっぱりコスメに頼るのがいちばんですね。

BBクリーム

最近では、すっかり定番になったコスメアイテム。

BBクリーム一本で、「化粧下地・UVカット・ファンデーション」など、何役もこなしてくれますので、時短メイクには欠かせませんね。

スティックアイシャドウ

ブラシ不要のスティックアイシャドウは、時短メイクのアイテムとして人気。

中でも、2色以上ミックスされたアイシャドウは、ひと塗りで目元のメイクが完成しちゃうので、時間に追われるママには嬉しいですね!

指でぼかすと、自然な濃淡を作ることもできます。

眉ティント

眉のメイク一つで、印象がガラッと変わりますので、手抜きできないパーツですよね~。

そこで、最近人気なのが「眉ティント」。

眉に色をのせることで、数日間は色素が沈着した状態が続きますので、「眉メイクいらず」になるんです。

ただ、便利なコスメアイテムはたくさんありますが、産後は肌の状態が変化している場合も。

肌トラブルを防ぐために、パッチテストなどはしておきたいですね。

その他、名もなき家事の時短テクニック

「料理」「掃除」「洗濯」に分類されない家事も、意外とたくさんあるんですよね。

その中でも、「子供に関わる家事」が子育てママは増えてしまいます。

わたしが地味に大変だな…と思っているのが、子供が持って帰ってくるおたよりの整理。

大事なことが書いてあるプリント、「忙しい」を理由に見ないわけにはいきませんね。

それに、気づくと書類ボックスにパンパンに溜まってしまい、必要なプリントを探すのに時間がかかることも…。

ですが、ちょっとした仕分けと収納のコツを知ったら、プリント整理がグンとラクになりました!

▼関連記事▼

子供のプリントの整理のコツは仕分け&立てて収納だった

また、子供の洋服の整理も、意外と時間がかかるんですよね。

どんどん大きくなっていく子供。

衣替えのたびに、サイズアウトした子供服を分類する作業が必要になります。

「とりあえず分類して保管しておく」という方も多いと思います。

わたしもそうです。

なかなか処分できないんですよね~。

子供の服の保管に、ジップロックを使う方法が紹介されていることがありますが、実はカビが生えやすいので長期保管には向いてないんです!

服の長期保管には、不織布の衣類収納ケースがおすすめ。

▼関連記事▼

サイズアウトした子供服の収納にジップロックを使うとカビが!?

まとめ

家事の時短テクニックをご紹介しました。

時短のコツは、

  • 掃除は溜めない
  • やらない家事を作る
  • 旦那さんと分担する

です。

特に、共働きの場合「旦那さんの協力」は必須ですね。

そのためにも、「旦那さんに気持ちよく家事をしたもらう!」というのは、すっごく大切!と痛感しています。

わが家の場合は、

  • 得意な分野の家事を担当してもらう
  • ほめる!

というのは、鉄則です!

家事の分担でもめたり、イライラしてケンカをしてしまっては、ますます疲れが溜まってしまいますね。

家事を気持ちよくこなすためには、実は旦那さんのコントロール(!?)がカギかもしれませんね~。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪(たまに噴火しちゃうこともあるけれど。)

猫とビールとマンガが大好き。

こまちをフォローする
ワーママ
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました