正月飾りはいつからいつまで?飾る場所や意味、正しい処分方法も解説

正月飾り 年末年始

正月飾りはいつからいつまで飾ってますか?

わが家は何となく、クリスマスが終わったらツリーやリースを片付け、ついでに正月飾りにチェンジしていました。

何となく、毎年の習慣になっていましたが、実はタイミングとしては正解!だったんです。

一般的に、正月飾りは松の内と呼ばれる12月13日以降に飾るのが風習。

そして、1月7日までに飾るのが一般的ですが、地域によっては小正月の1月15日に飾っておくご家庭もあります。

他にも、正月飾りを飾る場所や意味、さらに意外と迷う処分方法も解説します。

また、正月飾りは出してはいけない日もありますので、大人の知識として覚えておきたいものです。

スポンサーリンク

正月飾りは12月13日から1月7日までが一般的!

正月飾り

正月飾りいつから?

正月飾りは、松の内と呼ばれる12月13日以降に飾るのが一般的です。

クリスマスの飾りと入れ替えで飾り付けをするのは、タイミング的にもバッチリですし、毎年の習慣にしちゃえば忘れないですね。

中でも、いちばん正月飾りをするのに縁起がいいと言われている日が12月28日。

「八」は末広がりを連想させますので、縁起がいい数字ですね。

さらに、算用数字の「8」の形は鏡餅を連想させますので、覚えやすいですね。

正月飾りいつまで?

正月飾りは、1月7日までに飾っておくのが一般的です。

ですが、地域によっては小正月の1月15日までに飾っておくご家庭もあります。

わたしの実家も、小正月まで飾っている家でした~。

正月飾りNGの日もある!

「苦」や「二重苦」を連想させる12月29日と、「一夜飾り」と言われる12月31日にお正月飾りをするのはNGなんです!

大人の知識として、覚えておきたいですね。

正月飾りを飾る場所と意味

門松

門松

門松はその名の通り、門の前に飾る松のこと。

玄関先に飾るのが通常ですね。

門松を目印に、年神様がいらっしゃると考えられています。

また、門松には縁起物の「松竹梅」が使われています。

松は、「祀る」につながる木、つまり神様が宿る木として大切にされてきました。

竹はまっすぐ伸びる性質から、成長や生命を連想させます。

そして、新春の寒い時期でも咲く梅は、生命力にあふれ、長寿や気高さの象徴として考えられています。

地域によっては、梅のかわりに南天の実を門松に添えています。

南天は、魔よけの効果があると信じられてきたものなんです。

しめ縄・しめ飾り

しめ飾り

しめ縄やしめ飾りは、玄関の中央に飾ります。

しめ縄といえば、神社にも飾ってあるイメージですよね。

自宅にもしめ縄を飾ることで、神聖な場所であることを意味しているんです。

また、しめ縄とは「注連縄」と書くことができ、「神様の占める場所」という意味もあるんです。

つまり、神様のいる場所と現世を隔てる結界の役割もあると考えられており、しめ縄を飾ることで「ここは安全な場所ですよ」と神様に示し、年神様を招く準備ができていることを示していたんです。

ちなみに、しめ飾りとは、しめ縄に縁起物を飾ったもので、しめ縄と同等の役割を果たしています。

そして、最近では「しめ縄リース」というものも人気なんです。

クリスマスリースのように華やかな雰囲気ですが、どこか上品で洋風の家にはよく似合うデザインの飾りです。

自宅の雰囲気にあわせて、正月飾りを選ぶのもいいですね。

鏡餅

鏡餅

鏡餅は、家のどこに・何個飾ってもいい!とされています。

鏡餅は、神様といっしょに新年を祝うための飾りですので、氏神様に来て欲しい場所に飾るとよいと言われています。

そういえば、うちの実家も鏡餅をたくさん用意して、居間だけではなく、子供部屋や寝室にも飾ってました。

あと、車の中にも鏡餅を飾ってましたね。

子供のころは、あまり意味がわからずに大人のマネをして、言われるがままに正月準備を手伝っていましたが、ちゃんと意味があったんですね~。

スポンサーリンク

正月飾りの処分方法

どんど焼き(左義長)で処分

どんど焼き

地域によっても異なりますが、1月15日の小正月に、神社などで開かれる「どんど焼き(左義長)」で正月飾りを処分するのが一般的です。

うちの実家では神社ではなく、各町内、田んぼの真ん中で大きなどんど焼きを用意してました~。

子供のころは、どんど焼きの火であぶったお餅やスルメイカを食べるのが楽しみでした・・・!

ただ、お仕事などの都合で、どんど焼きで正月飾りを処分できないこともありますよね。

そんなときは、丁寧に紙に包んで、自宅で処分しても大丈夫です。

縁起物を処分しちゃっていいのかな・・・と不安になっちゃいますが、「今年も健康で過ごせますように」と願いを込めて丁重に扱えば大丈夫です。

鏡餅はおしるこやぜんざいに

おしるこ

鏡餅は縁起物ですので、最後まで美味しくいただくのがいちばん。

また、木づちや綿棒などで割って食べるのが一般的。

縁起物は、包丁で「切る」のはNGなんです。

ただ、最近ではスーパーで見かける鏡餅は、中にカットされたお餅が個包装になっていますね。

おいしいまま食べられるのがいいですよね。

ちなみに、固くなってしまった鏡餅は、揚げ餅にしちゃうのもおすすめですよ。

まとめ

クリスマスが終わると、あっという間に年末年始ですね~。

年末は、クリスマスにお正月の準備、忘年会に大掃除と大忙しの時期。

うっかり正月飾りを忘れていた!なんてことにならないよう、クリスマスの飾りと入れ替えに、正月の飾りにチェンジすると忘れなくて済みます。

正月飾りについて、門松・しめ縄・鏡餅の3つをご紹介しました。

ただ、家庭や地域によって飾り方や、飾る物もさまざまですね。

家のインテリアにあわせて、飾りを選ぶのもアリなんです。

縁起物のだるまを飾ったり、華やかにお花を飾るご家庭もありますね。

逆に、雪が降る地域では、花は凍ってしまうため、飾らない場合がほとんど。

同じ日本でも、地域によって正月飾りが異なるのも、面白い発見になりますね。

子供と一緒にお正月の準備をするのもいいですね。

いっしょにお正月飾りをしながら、飾る場所や意味を教えてあげると、きっと大人になったときに役立ちます。

▼関連記事▼

年末年始の過ごし方家族でまったり?アクティブ? 楽しい過ごし方7選

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
年末年始
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました