足利フラワーパークイルミネーションの混雑や割引情報!都内から車で

あしかがフラワーパークのイルミネーション イルミネーション

足利フラワーパークのイルミネーションへ、都内から子連れで行きました!

1月の土曜日、17時ぐらいに車で到着したのですが、かなり広い敷地の駐車場で車をすんなり停めることができ、安心しました。

ただ、足利フラワーパークへ向かう車がかなり多いため、駐車場に入るまではプチ渋滞が起こってました。

他にも、

  • 入園ゲート付近
  • お土産屋さん
  • レストランや売店
  • フラワーキャッスル

などは混雑するポイントです。

ですが、あしかがフラワーパークの園内はかなり広いですので、中に入ってしまえば、さほど人混みは気にならず、イルミネーションを満喫できました!

駐車場の状況や混雑ポイント、子連れで持って行って良かった物などご紹介します。

スポンサーリンク

足利フラワーパークイルミネーションの開催期間&料金

開催期間:2020年10月17日(土) ~ 2021年2月7日(日)
点灯時間:16:30~20:30 (土日祝は21:00まで)
入園料金:大人1000円/子供500円
※昼の部と夜の部は完全入れ替え制です。入園料金も異なります。
休園日:12月31日(木)

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、時期によってテーマが変わります。

10月中旬~11月中旬:光と花のコラボレーション
11月下旬~12月下旬:クリスマスファンタジー
年明け~2月上旬:ニューイヤーイルミネーション

足利フラワーパークイルミネーションの混雑状況

あしかがフラワーパーク大藤

駐車場

車であしかがフラワーパークへ行く場合、駐車場は気になりますよね!

わが家は都内から2時間ほどかけて、あしかがフラワーパークへ向かいました。

まずは、あしかがフラワーパークへ入る直前、駐車待ちでプチ渋滞が起こっていました・・・。

ですが、周辺の道路は広く整備されており、渋滞で全く動けない・・・というワケではなく、ゆったりゆったり着実に進むという感じでした。

あとは、信号待ちが地味に長かったかな。

右折だったから、仕方ないですけどね~。

ただ、駐車場に関しては、なんと6,000台もの駐車スペースが用意されており、スムーズに停めることができました!

駐車場付近では、誘導してくださる方がいらっしゃいますので、指示に従えばすんなり停めることができます。

ただ、わたしたちが停めた臨時駐車場は、普段は田んぼなんでしょうね。

駐車位置の区切りが簡易的ですので、慎重に駐車してくださいね。

特に、バックし過ぎてしまうと、背中合わせになっている車と接触する恐れがありますので、気を付けてくださいね。

トランクを開けるときも、注意が必要です。

また、足元は田んぼの柔らかい土ですので、ピンヒールや滑りやすい靴は避けたほうがいいです。

なお、駐車場の詳しい場所や渋滞をできるだけ避ける方法、さらに近隣の駐車場に停めることでお得にあしかがフラワーパークのイルミネーションを楽しむ方法などは、別の記事まとめています。

特に、混雑が予想される時期にお出かけする方は、必見の情報です!

駐車場を事前にチェックすることで、現地で迷ったり悩んだりすることがなくなりますよ~。

▼関連記事▼

足利フラワーパーク駐車場は無料!混雑回避&お得に楽しむ裏ワザも

入園ゲート付近

臨時駐車場からあしかがフラワーパークの入園ゲートまで、5分ほど歩きました。

チケット売り場は、少し混雑して並んでいました。

そのため、チケットは事前に購入しておくのがおすすめ。

わが家は、戸田のイオンの中になるチケット屋さんで購入しましたよ。

前売り家は、50円ほど安く手に入ります。

ちなみに、コンビニなどでも取り扱いがあります。

詳しくは、あしかがフラワーパークの公式サイトでも紹介されていますので、チェックしてみてくださいね。

その他、あしかがフラワーパークのイルミネーションチケットをお得に入手する方法は別の記事でまとめています!

割引価格で入手する方法、いくつかありますので、ご自身の状況にあわせてチケット購入方法を選択してみてくださいね。

▼関連記事▼

足利フラワーパークイルミネーションの割引券の入手法を詳しく解説!

また、入園ゲートを入るとすぐ、お土産屋さんなんです!

お店の中を抜けなきゃいけないので、混雑してました。

帰りの方が、お土産を購入する人と帰る人でごった返していますので、売店を抜けるまでは混雑を覚悟した方がいいです!

お土産屋さん

正面ゲート、西ゲートともにお土産を購入できる売店があるのですが、やはりお店の中は混雑を感じますね。

お土産を購入したい方は、早めに買っておくのも手かもしれません。

レストランや売店

あしかがフラワーパークの中には、レストランやあったかいフードが提供されている売店もあるのですが、やはり土日祝日は行列が出来ていました。

あしかがフラワーパークの中で食事を済ませるのは、大変だと思います。

ちなみにわが家は、あしかがフラワーパークを出た後、車の中でおにぎりを食べながら帰りました~。

フラワーキャッスル

あしかがフラワーパークのイルミネーション、見どころはたくさんあるんですが、その中でも混雑していたのがフラワーキャッスル!

写真を撮るために、かなりの方が並んでいました。

わが家も、娘がどうしても・・・!と言うので、並びました~。

15~20分ぐらい並んだと思いますが、並んでいる間、音楽にあわせてお花畑が光ったり、お城に光の花火が上がったりとイルミネーションを楽しみながら並ぶことができました。

並んだおかげで、フラワーキャッスルの中に入って、ステキな写真を撮ることができました。

足利フラワーパークイルミネーションの混雑する時期

足利フラワーパークが最も混雑する時期は、ずばりクリスマス&年末年始のお休みなどの連休中です。

それに、クリスマスの時期は、あしかがフラワーパークのイルミネーションもクリスマスバージョンになるんですよね。

さらに、連休中は当然混雑します。

混雑を避けるには?

やっぱり、あしかがフラワーパークのイルミネーションへは、平日に行くのがいちばんです!

ですが、ほとんどの方は、やっぱり土日がお休みですよね。

じゃあ、クリスマスや年末年始以外の普通の土日はどうなのか?気になりますよね。

実際にわが家は1月の土曜、17時ごろに到着したのですが、あしかがフラワーパークの臨時駐車場にすんなり停めることができましたよ。

駐車場に入るまで、近隣の道路はプチ渋滞は起こってましたが、中に入って係員の方の誘導に従って進んだら、予想よりもスムーズに駐車できました。

また、わたしたちが帰る19時ころにはすでに駐車場の空きがチラホラ。

わが家のように、早めに来て早めに切り上げるという方、意外と多いと思います。

そのため、遅めに行き、閉園ギリギリまでイルミネーションを楽しむ!という方法もアリだと思います。

ただその場合、帰りの渋滞は覚悟しなきゃいけませんが。

ちなみに、足利フラワーパーク内のレストランや売店は混雑してました!

寒い時期ですので、やっぱり途中で暖を取りたくなっちゃうんでしょうね。

寒さ対策に、マグボトルに温かい飲み物を入れて持参するといいですよ。

食事に関しては、あしかがフラワーパーク内で済ませようと思うと、かなり時間がかかっちゃいます。

イルミネーションを見る前に軽く済ませるか、見終わった後にゆったり食事しに行った方がいいですよ。

あしかがフラワーパーク周辺の飲食店の情報については、別の記事にまとめています。

駐車場はある?子連れでもOK?など、地図付きでご紹介しています。

また、テイクアウトできるお店もご紹介していますので、帰りの車内で食べるのもいいと思います。

▼関連記事▼

足利フラワーパーク周辺の食事3選!知る人ぞ知る名店やB級グルメも

足利フラワーパークのイルミネーションへ行った感想

イルミネーションといえば、長崎のハウステンボスや札幌のホワイトイルミネーションなどが有名ですよね。

ただ、東京からだと遠いので、気軽には行けない・・・。

もちろん、都内のイルミネーションも素敵で、六本木や汐留、恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリアなどみに行ったことがあります。

ですが、残念ながら子供向けじゃないんですよね~。

電車を乗り継いだり、車の駐車場を探したりと、子連れだと行くのが大変で。

その点、テーマパークのイルミネーションなら、子連れで思う存分楽しめるんですよね。

足利フラワーパークは敷地も広く、いたるところに撮影スポットがあり、自分たちのペースでゆったりのんびり楽しめました。

また、通路もゆったり作られていますので、ベビーカーでも余裕でした♪

わが家は下の子がまだ1歳だったため、ベビーカーが重宝しました。

なお、あしかがフラワーパークのイルミネーション、雨が降っても楽しめるか?気になりますよね。

ツアーや宿泊を兼ねている場合、雨だからキャンセル!なんて出来ない場合もありますよね。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、雨天でも楽しめます!

むしろ混雑が緩和され、雨の日ならではの幻想的な雰囲気を味わうことができちゃいます。

▼関連記事▼

足利フラワーパークイルミネーション雨天でも綺麗?その他気になる事

スポンサーリンク

足利フラワーパークの所要時間は?

わが家の場合、17時~19時ぐらいまでの2時間弱、あしかがフラワーパークのイルミネーションを見て回りました。

子連れでゆっくり、写真を撮ったり音楽とイルミネーションのミニショーをみたりしていると、あっという間に2時間ほど経過していました。

立ち止まりながらゆっくりまわるなら、1時間半~2時間ほどかかります。

さらに、中で食事も・・・と考えているなら、3時間ぐらいかかると思います。

園内は広いため、あまり立ち止まらずにサクッとみるだけだどしても、1時間はかかっちゃうと思います。

そのため、ツアーなどで滞在時間が限られている方は、みたいスポットを絞ってまわるのをおすすめします。

足利フラワーパークイルミネーションの見どころ

奇跡の大藤

あしかがフラワーパークのメインの花ともいえる藤。

藤の花をイルミネーションでも楽しめるんです!

大藤の下で写真を撮るのもいいですが、個人的には少し遠くから眺めるのが好きです。

あと、最近藤の花がちょっとしたブームになったんですよね。

あの大人気アニメ「鬼滅の刃」のワンシーンに似ている!と。

「鬼滅の刃」では、藤の花は鬼が嫌う毒として、重要なアイテム。

実は、「鬼滅の刃」とあしかがフラワーパークのコラボグッズが販売されたんですが、720点がわずか20分で完売したとのこと。


す、、、すごい。

アニメファンに限らず、雄大な藤のイルミネーションは必ず見ておきたいスポットです。

フラワーキャッスル

家族連れにも、デートにもおすすめのスポット!

フラワーキャッスルで写真を撮ろうと、たくさんの方が並んでいます。

入園したら、まずはフラワーキャッスルを目指す!というのもいいと思います。

お城の中でも写真を撮ることができ、屋外とは違う雰囲気の写真になりますよ。

中は白っぽいライトがメインですので、顔がキレイに映るかも!?しれません。

みんなの地球

水面にもイルミネーションが映る、幻想的なスポットの一つ。

可愛らしいイルミネーションに、子供が喜ぶこと間違いなし!のスポットです。

他にも、園内を歩いていると「素敵」「可愛い」と思うスポットが盛りだくさん!

いたるところにベンチがおいてあり、どこで写真を撮ってもキレイに映ります!

あなただけのお気に入りスポットを探すのもおすすめです。

足利フラワーパークへのアクセス

駐車場

あしかがフラワーパークの駐車場は無料です。

さらに、臨時駐車場6,000台と大規模な駐車スペースが用意されています。

できるだけ、フラワーパークの近くに停めたい!と思うかもしれませんが、混雑時は係員の誘導に従い駐車するのがいちばんです。

それに、臨時駐車場から入園ゲートまで、子連れで歩いても5分ほどでした。

電車

実は、あしかがフラワーパークは電車も便利。

JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅から徒歩3分という好立地。

電車なら、車の渋滞や駐車場の心配もいりませんね。

足利フラワーパークのイルミネーション持ち物

わたしたちが行ったのは1月ということもあり、とっても寒かったです!

  • マフラー
  • 帽子、耳当て
  • 手袋
  • ブーツ(ヒール無し!)
  • 温かい飲み物
  • ホッカイロ
  • ベビーカー

防寒対策はしっかりしてお出かけくださいね!

マグボトルに温かい飲み物を入れて持っていくのをおすすめします。

また、赤ちゃん連れで行く方はベビーカーがあった方が便利です。

あしかがフラワーパークの園内はとても広く、かなり歩き回らなければいけませんので、ずっと抱っこでは大変です。

園内は、狭い通路や坂道もありますが、基本的にベビーカーで移動できますよ。

写真を撮るときは、端にベビーカーを置いておくこともできます。

歩きやすい靴、動きやすくてあったかい服装で、イルミネーションを満喫してくださいね。

足利フラワーパークの周辺情報

せっかく、あしかがフラワーパークへ足を伸ばしたなら、周辺で宿泊しちゃおうかな?と考えている方もいらっしゃいますよね。

イルミネーションを見終わった時間を考えると、帰宅するのが深夜になっちゃう・・・という場合、休んでから翌朝、のんびり帰るのがいいですよね。

それに、イルミネーションをみて冷えた体をすぐに暖められるのも、近隣ホテルの魅力ですね。

子連れに嬉しい、和室や大浴場ありの宿泊施設をご紹介しています。

▼関連記事▼

足利フラワーパーク近隣のホテル子連れにおすすめ4選!大浴場あり

 

あしかがフラワーパークのイルミネーションを見に行く場合、昼間の時間には余裕がありますよね。

あしかが周辺には、定番の佐野プレミアムアウトレットだけではなく、穴場の観光スポットもあるんです。

方面別にご紹介していますので、ぜひ、旅の思い出に立ち寄ってみてくださいね。

▼関連記事▼

あしかがフラワーパーク周辺の観光スポット5選!子連れで昼間も満喫

スポンサーリンク
この記事を書いた人
こまち

小学生と幼児の子育てに奮闘する、アラサーママです。

上の子が小学校に入ったとき、「小一の壁」に激突。

「仕事はどうしよう」「保育園は!?」など、当時はさまざまな問題に悩みましたが、在宅ワーカーになったことで解消!

子育てや家事に余裕ができ、笑顔が増えました♪

育児の癒しは猫とビールとマンガ。

Twitterでも、日々の育児のアレコレつぶやいてます。気軽に絡んでもらえたら嬉しい!

こまちをフォローする
イルミネーション
こまちをフォローする
ころころライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました